生涯を通して美味しく食べる|歯科における食育とは

約 1 分

食育を実践するには歯が重要?その理由とは

食育には、生涯にわたりご飯を美味しく食べるといった目的があります。ご飯を美味しく食べるという行為を実践するためには、噛んで食べるための歯と口腔が必要不可欠なのです。

こうした歯の健康や発達機能の基礎形成は、小児期に作られていると言われています。今回は、何歳になってもご飯を美味しく食べることができるよう、歯科が推進する注意事項などをまとめました。

お腹の赤ちゃんのためにも気をつけること

胎児の健全な発育は、ママの栄養摂取や健康状態で大きく左右されます。というのも、「食べる」という行為を果たす歯と口腔は、お腹にいる頃から既に形成されているのです。

また、ママの口腔の健康状態が胎児の健康と密接に関わっていることがわかってきました。妊娠中のママが規則正しくバランスよく食生活を送るよう言われるのは、自身の血圧や体調を良好にするためだけでなく、胎児の発育のためでもあるのです。

乳児期・離乳期の口の発達にかかわること

母乳は、ママと赤ちゃんの絆・信頼関係を強くするだけでなく、病気を予防する効果もあると言われていますが、ご飯を噛んだり飲み込んだりといった口の機能を発達させる基礎です。ここから離乳食へと移行し、口にものを取り込んで噛み、飲み込むという一連の流れを習得することができます。
指しゃぶりやおもちゃを口に入れるという行為は衛生面が気になりますが、離乳食を食べるための準備行動でもあるため、やめさせないようにしましょう。

咀嚼や嚥下の発達は、歯の生え方を確認し、それに応じた食事をあげることが重要です。手づかみ食べも噛む機能の発達を促すので、十分に経験させてあげましょう。

幼児期は食べることの楽しさやマナーを伝える

全ての乳歯が生え揃う2歳半〜3歳頃は、一口の量を自分でかじりとること、よく噛むということを引き出せるような大きさ、歯触りなどが体験できるような、口の機能発達を促すことができる食事を心がけると良いでしょう。

また、正しい箸の持ち方、お椀での食べ方、挨拶などもマナーを教えるのもこの時期です。この頃の食事の仕方は大人になってまで影響が出ます。早食いや夜食などの食習慣は肥満の原因ともなりますし、口を開けたままご飯を食べる癖がついてしまうと大人になってからが大変です。

家族が一緒に食卓を囲んで正しい食事の姿勢を見せ、また食べることが楽しいことと思えるような工夫をしましょう。

小・中学生は食生活の乱れに注意

乳歯が徐々に永久歯へと生え変わり、永久歯列が形成されるこの時期は、将来の口腔の機能が完成していく大切な時期です。前歯の乳歯が抜け、永久歯へと生え変わる時期は、食べたものをこぼしやすかったり、噛む力も低下します。

大人から見ればふざけていると思いがちですが、これは仕方のないことなのです。ここで怒ってしまっては食事が楽しい時間と思えなくなってしまうため、いつもよりゆっくりと食事の時間を取ってあげるなどの配慮をしましょう。

また、日本や地域それぞれの伝統食をおいしく食べるためにも、甘味、塩味、旨味、苦味、酸味など、味覚でいう五味を体験させることが大切です。

高校生は歯周病予防が重要

この時期はほとんどの永久歯が生え揃うため、熾烈と口腔の機能が完成されていると考えて良いでしょう。これまでは永久歯が生え揃うための準備をしてきましたが、今度は歯周病予防が重要となってきます。

また、年齢が低ければ低いほど歯のケアを大人がしてくれていましたが、この時期はほとんどの場合が自己管理です。十分にケアできている子とそうでない子の差が明確に現れてくるので、大人になってからの歯の形成に個人差が生じる可能性があります。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More