生涯おいしく食べるための食育 胎児期から離乳期まで

約 1 分
生涯おいしく食べるための食育 胎児期から離乳期まで

平成17年に「食育基本法」、平成18年には「食育推進計画法」が制定され、国民的運動として様々分野で様々な取り組みがなされています。食育は、国民が生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり 、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てる。ことと定義されています。私たちは、心身の健康を維持・向上するために食べ物を口からとっています。さらに現代では「おいしく味わって食べる」という、こころの豊かさのためにも食べることは大切であるとされています。そして、その「食べる」をするためには「歯」と「口」が健康であることが必要です。生涯おいしく楽しく食べるためにも、歯と口腔は欠くことができない重要な役割を担っています。そこで小児期におけるライフステージ別に、口腔の機能の発達を食育と関連付けて見てみましょう。

胎児期の食育

胎児期:体の栄養摂取や健康状態が胎児の健全な発育にとっても大きな影響を及ぼします。「食べる」役割を果たす器官である歯と口腔は母体内ですでに形成されます。この時期から規則正しく、バランスの取れた食生活を心がけましょう。また、母親の口腔の健康状態が胎児の健全な発育にとって大きな影響を与えることがわかってきました。そのため、妊娠したら、自身の歯と健康についても気を付けることが大切です。

乳児期および離乳期の食育

乳児期:母乳は赤ちゃんの病気を防ぎ、赤ちゃんとお母さんのきずなを強くします。母乳を飲むことは離乳期で「噛む」「のみ込む」など口の機能発達の基礎になります。

離乳期:この時期は、母乳かミルクから離乳食に代わる大切な時期です。

離乳食を通して、少しずつ食べ物に慣れ、食べ物を「口に運ぶ」、「噛む」、「飲み込む」などの食べ方を学びます。

・指を吸ったり、おもちゃをくわえるなどの遊びは、離乳食を食べるための唇や舌、あごを動かし、食べ物の大きさを感じるための準備行動に関係します。無理にやめさせないことが大切です。

・離乳食を与える際、歯の生え方をしっかりと観察して、きちんと噛めているか、しっかりと飲み込めているかを確認しながら進めます。また、上手に噛んだり、飲み込めるようになるには唇がしっかりと閉じているということ重要です。食事をあげる際は、このことに注意して、食べる姿勢なども意識しましょう。

・離乳食が進んでいくと、徐々に手づかみで食べたがります。片付けなどが大変で手のかかる行動ですが、噛む機能の発達には大切なことですので、十分に手づかみ食べを経験させてあげましょう。

・味覚が少しずつ発達する時期ですので、食べものをよく噛むことで味わえる味覚を感じ、さらにいろいろな食べ物を「見る」「触る」「香りを嗅ぐ」ことによってさまざまな五感を刺激します。そのため、できるだけ多くの種類の食べ物にふれることが必要です。

・歯が生えてくるとともに、虫歯予防を考えた母乳の与え方や離乳食の工夫が必要になってきます。特に、寝る前のミルクや母乳などは十分な歯磨きをすることができないため注意が必要です。できるだけ早めにかかりつけの歯科医を見つけ、虫歯の予防に努めることが必要です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

幼児期の食育に生かすお手伝い
食育基本法が制定されて以来、保育園や幼稚園、学校などで様々な食育活動が行われ、子どもたちも食に興味関心を持つ機会が増えてきました。しかし、食生活の基本はあくまでも家庭です。家庭でご飯を家族で楽しく食べることが、生きる力の源となります。家庭で...
離乳食は食育の第一歩
食育とは、生涯を通して通して行われるものです。今回はその第一歩である離乳食についてみていきましょう。離乳食の開始の目安としては、首が座っている。支えがなくても座ることができる。大人の食事に興味を示す。スプーンなどを入れても舌で押し出すことが...
More