ダイエットに人気なグレープフルーツ !肌の健康やシミ予防にも効果的!?

約 1 分
ダイエットに人気なグレープフルーツ !肌の健康やシミ予防にも効果的!?

1 グレープフルーツ の起源・由来

(学名:Citrus paradisi  和名:グレープフルーツ )
グレープフルーツは、ミカン科ミカン属に属する果物です。
1750年代に西インド諸島のバルバドスで発見されたものが最初とされ、ブンタンとオレンジが自然に交配したものと言われています。1800年代にグレープフルーツと呼ばれるようになりました。その後、1830年頃にアメリカのフロリダに伝わり、栽培が始まりました。大正時代初期に日本にも伝わりましたが、日本の気候は栽培に向かず定着しませんでした。昭和初期、日本に初入荷され、1970年代から輸入されはじめ、一般家庭でも気軽に食べられるフルーツになりました。

グレープフルーツの名前は、果実が房なりに実った様子がブドウを思わせることから付けられたといわれています。

2 グレープフルーツ の種類

グレープフルーツは果肉の色により、ホワイト種、ピンク種、ルビー種などに分類されます。
般的なグレープフルーツがホワイト種の「マーシュ」です。果重は400g前後で果皮が黄色く、果肉は白みがかった薄黄色をしています。果汁が多く、さわやかな甘酸っぱさと、特有のほのかな苦みを持っています。1860年頃にアメリカのフロリダで発見されました。
「ルビー」は、いわゆる「ピンクグレープフルーツ」といわれる品種で、果肉が赤みがかったピンク色をしていることから「ルビー」という名前がつきました。果皮は黄色からオレンジで、一部が赤みがかっているものもあります。また、白肉のものに比べて酸味は控えめで、まろやかな甘味が楽しめます。
スタールビーはやや濃いオレンジ色の果皮に、部分的に赤味が濃い部分が混じったような感じで、中の果肉は濃いルビー色をしています。一般的なグレープフルーツに比べ苦味が少なく、甘みが強く感じられとても美味しい品種です。
「スウィーティー」は、「文旦」と「グレープフルーツ」をかけ合わせたフルーツで、イスラエルで栽培されています。果皮は緑色で果肉は薄い黄色をしていて、酸味が少なく、まろやかな甘味とさわやなか香りが特徴です。

3 グレープフルーツ の栄養・効果

グレープフルーツは、果物の中では糖質が少なくビタミンが多いので、ダイエットが気になる人にはうれしい食材です。
グレープフルーツはビタミンCが多めで、しかも果実が大きいので1つ食べれば1日に必要なビタミンCをほぼ補給することができます。またビタミンCは風邪予防にも効果があり、肌にうるおいを与え、シミの原因となるメラニン色素の生成を抑えるはたらきがあります。
グレープフルーツには、疲労物質の乳酸の代謝を促すクエン酸が豊富に含まれ、疲労回復を早めて身体をシャキッとさせるはたらきがあるので、暑い季節にはピッタリの果物です。
果肉が赤い品種ルビーに多くふくまれるリコピンには強い抗酸化作用があり、皮膚や粘膜を強くし、紫外線から肌を守るはたらきが期待できます。
グレープフルーツの香り成分リモネンは、アロマオイルにも利用されているほどさまざまな効能がある成分で、代謝を高めて脂肪の燃焼を促進したり、ストレスの解消や集中力を高める作用があると言われています。
グレープフルーツの苦み成分であるポリフェノールの一種「ナリンギン」は、脂肪の分解を促進する作用があり、高脂血症に効果があるといわれています。また抗酸化作用もあるので、がん予防にも効果が期待できます。
ただし、ナリンギンは高血圧の治療薬の成分を強めたり、副作用を起こすおそれもあるので、治療中の方は、必ず医師に相談してください。

4 グレープフルーツ の選び方・保存方法

グレープフルーツを選ぶ時は、ずっしりと重みがあり、形が丸く整っていて、果皮にへこみがなく色があざやかでハリとツヤのあるものを選ぶようにします。皮がごわごわした感じの物は中にスが入ったようにスカスカしている物が多いので避けます。
グレープフルーツはぶどうのように密集して鈴なりに枝に実ります。よくへこんでいたり、平らな部分があるのは隣の物とくっついて育ったからです。出来れば、離れて一つだけ枝になっていた物の方が栄養がいきわたっていて、太陽も十分にあたるので、そういうへこみや平らな部分が無い物を選びます。

風通しのよい冷暗所または冷蔵庫の野菜室で保存します。カットしたものはラップをかけて冷蔵庫の野菜室へ入れます。

5 グレープフルーツ のまとめ

子どものころ「グレープフルーツって言うんだって。」と嬉しそうに母が買ってきました。初めて見た時は「でかい」という印象がありました。どうやって食べるのだろうと思っていたら、母が半分に切ってお砂糖をかけ出してくれました。「酸っぱいよ。」と言われてお砂糖がかかっていないところを食べたら本当に酸っぱかった覚えがあります。でも、お砂糖がかかっているところを食べたら、とても美味しくってびっくりしました。それ以来子どものころは、お砂糖をかけて食べるのが定番でした。
今では、その酸っぱさも全然気にならず、美味しいと感じています。
ピンクグレープフルーツは、酸味も少なく、我が家の子どもたちもそのままパクパク食べています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More