メロン好きは必見!美味しいメロンの見分け方は!栄養効果?保存方法とは!?

約 1 分
メロン好きは必見!美味しいメロンの見分け方は!栄養効果?保存方法とは!?

1 メロンの起源・由来

(学名:Cucumis melo L. 和名:メロン)
メロンはウリ科キュウリ属に属します。
メロンは北アフリカが原産で、中央アジアで品種分化が進み、主としてヨーロッパ方面に伝わったものがメロンになり、中国に伝わったものはマクワウリになったと言われています。
古代エジプトや古代ギリシャにおいてメロンの仲間が栽培されていたようです。
アメリカへは新大陸発見後ヨーロッパから伝えられ、日本へはアメリカの露地メロンとヨーロッパのメロンが明治になって伝えられたようです。マクワウリの系統は1600年代に韓国から、1800年代に中国から様々な系統が伝えられました。
昭和30年頃から、品種改良が盛んに行われるようになって、多数の品種が育成されました。

メロン(melon)の由来は、ギリシア語でメロンのことを「Melopepon(メーロペポーン)」と言っていたのが中世ラテン語では省略されて「Melon(メーロン)」となり、これがフランス語に入って「Melon」、英語に入って「Melon(メロン)」になりました。Melopeponは、melon(りんご)とpepon(熟した)を合わせた言葉です。

2 メロンの種類

メロンには様々な種類があります。
「マスクメロン」は、ネット系の高級メロンの代名詞です。マスクメロンというのは品種名ではなく、ムスク(麝香)の香りがするメロンという意味で付けられた名称で、アールスフェボリットなどの品種があります。マスクメロンは、ビニールハウスではなく、太陽光線の透過率が高いガラス温室で育てられます。
「夕張メロン」は、正式な品種名は「夕張キング」といい、親は「アールス・フェボリット」と「スパイシー・カンタロープ」で1961年に命名されました。「夕張メロン」という名前は夕張市農業協同組合の登録商標で、この農協が定めた規格基準をクリアしたものだけに付けられます。果皮はきれいなネットで被われ、果肉はオレンジ色で甘く、香りがいいのが特徴です。
「アンデスメロン」は、少し小ぶりで果皮に細かい網が入り、果肉は緑色でややかたく、味と香りはマスクメロンに似ています。価格がお手頃なことから人気が高く、ハウス栽培の主要品種となっています。
「プリンスメロン」は、西洋種のメロン「シャランテ」とマクワウリの一種「ニューメロン」を交配したノーネットの一代交配種です。肉質はマスクメロンに近く、強い芳香があり甘みも強いのが特徴です。肉色はオレンジ色で果皮の近くは緑色です。
「ホームランメロン」は、「白肉ハネデュー」と「緑肉ハネデュー」の交配から育成されたノーネット系のメロンです。
果皮は白く、果肉も白く口当たりはなめらかで上品な甘味があります。
他にもたくさんの種類がありますので、お好みのメロンを探してください。

3 メロンの栄養・効果

メロンの主成分は、果糖やブドウ糖などの糖質です。メロンに含まれる糖質は、素早く身体に吸収されてエネルギーに変わりやすいので、疲労回復効果が期待できます。
メロンに含まれるカリウムの量は果物の中でも特に多く、高血圧や動脈硬化などの予防効果が期待できます。カリウムには水分バランスの調節をする働きもあり、利尿作用やむくみ解消にも効果的です。
赤肉系のメロンはβカロテンの含有量がとても多く、老化を予防する抗酸化作用やがん予防にも効果があるといわれています。
また、タンパク質分解酵素のククミシンが含まれているので、肉や魚などを食べた後のデザートにメロンを摂ると、タンパク質の分解が早まりエネルギー源として効率的に活用されるので、夏バテや疲労の回復につながると言われています。

4 メロンの選び方・保存方法

メロンを選ぶときは、均整が取れた左右対称で、軽いものよりも重みのあるほうが種の比率が低く、肉厚で味も優れています。ネット系メロンは、網模様がハッキリして均一に広がっているものが良品です。
果皮の色は、ネット系・ノーネット系ともに色付きが均一なものを選びます。
みずみずしいメロンの香りが出ているものを選びましょう。

完熟していないメロンは追熟させる必要があるため、常温で保存して食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やします。
一般的に食べ頃になると甘い香りがして、お尻の部分に少し弾力を感じます。
カットしたものは種を取ってからラップで包んで冷蔵庫で保存します。

5 メロンのまとめ

メロンと聞くと、「高級品」のイメージがあります。
今はお手頃な価格のメロンがたくさん出回っていて、買いやすいですが、子どもの頃はとても高価だった記憶があります。祖母が好きだったので、母がお手頃なプリンスメロンをとく買ってきていました。
実は、メロンは苦手な果物のひとつで、子どものころからあまり好んで食べる事はありませんでした。マスクメロンのあの高級感漂う見た目が、庶民の私は苦手だったので、食べなくなったような記憶があります。
我が家の子どもたちは、メロンが大好きでメロンが家にあると「わーい、メロンだ。」と喜んで食べています。
近くのJA直売所で「タイガーメロン」というマクワウリとメロンの交配種のメロンがお手頃なお値段で売られていて、子どもたちのデザートとして、活躍してくれます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More