朝ごはんは食育の基本です。「朝ごはん」メニュー指導案

約 1 分
朝ごはんは食育の基本です。「朝ごはん」メニュー指導案

■忙しい朝は「ルーチンワーク」朝ごはん

毎日「朝ごはん」をしっかりと食べましょうとは食育では常に提唱されるテーマです。この習慣こそ、食育の第一歩ともいえます。しかし、実際にはなかなか毎日朝ごはんを食べる事、用意する事が難しいようです。

忙しくても、一人暮らしでも出来る簡単朝ごはんは

①基本セットを買い置き、作り置きしておく

②5分で出来るメニューをローテーションする

③足りなかった物を覚えておく

事がポイントです。

まず①は、主食となる「ご飯」「パン」もしくは「バナナ」を数日分買い置き、作り置きしておきます。ご飯やパンは一食量に小分けし、冷凍保存しておくと便利です

次に②は、目玉焼き、ウインナー、海苔、焼き魚、チーズ、果物などのすぐに用意出来る「おかず」を3,4種用意しておきましょう。その日の気分や前日のメニューを考え、この中から2,3種類を選びます。日々この組み合わせが変わるだけで、何種類ものメニューが出来ます

そして③は、朝ごはんで不足しがちな「野菜」「カルシウム」などについてです。朝はなかなか食欲も時間もなくつい栄養が偏ってしまいがちです。その為、「今日の朝ごはんで足りなかった栄養が何か?」を考え、その日の夜ごはんのメニューで補うように意識しましょう。

朝昼の食事で不足していた栄養素を夜で補うというサイクルが定着すると、夜ご飯の献立がスムーズに思い浮かぶようになります。

■「朝ごはん」の現状と課題

食事、栄養、健康と関心が高まる一方で多用化するライフスタイルによって、朝ごはんにも様々な課題が浮かび上がっています。

○朝ごはんを作っても、家族の食欲がない、食べない、食べ残しが多い

○家族の朝食時間がバラバラで、それぞれで食べている

○一人暮らしで朝ごはんを作らない

○朝起きた時に、空腹感がない

○朝忙しく、調理の時間がとれない

○朝から、栄養バランスの整った食事を作る時間が無い

このような現状に直面すると、つい「朝ごはん」そのものを「無理」と考えてしまいがちです。

でも、仕事や通学などのライフスタイルそのものを大きく変える事は難しくても、「出来る範囲」「我が家にあった」スタイルで朝ごはんを用意する事は出来るでしょう。

食事の栄養は、毎食常に整っている必要はありません。一日3食トータルでバランスの整った状態に調整出来ればいいのです。

朝ごはんに不足した栄養は、昼、夜食で補えばいいと考え、まずは毎日「朝ごはん」を食べる習慣をつける事から始めてみましょう。

■「平日用朝ごはん」「休日用朝ごはん」の使い分け

平日は、朝から時間に追われ、つい「ゆっくり」食事をするという事よりも時間に間に合うように急いでという事が多くなりがちです。

 

しかし休日や週末、子供の長期休み期間など、時間的な余裕がある時は、「朝ごはん」のスタイルを少し工夫してみましょう。

○朝ごはんの定番メニュー「目玉焼き」は

平日はごく普通の目玉焼きですが、休日バージョンでは

①フライパン用フレームを使い、ハート形や円形に焼き上げます

②一つのフレームに2つの卵を割り入れても、ユニークな形に焼きあがります

③盛り付けには、少量のグリーン野菜を添えると、ぐっとお洒落な雰囲気に仕上がります

○定番のトーストは

週末には単に焼くだけでなく

①型押しプレートを使い、焼き上がりに「イラスト」が浮かび上がる様にする

②ホットサンド風にアレンジをする

③いろいろな具材を挟み込んで、ボリューミーなサンドウィッチに

④生クリームやシロップでフレンチトースト風に

などのアレンジを加えると、休日のリラックス感が更にますでしょう。

このように、いつもの材料、いつものメニューを少しだけでも調理方法を変え、アレンジを加えると違った印象になるものです。

ぜひ、簡単アレンジのレパートリーを増やしてみましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More