朝ごはんを食べない理由とは?朝ごはんを食べないことで起きる病気のリスクと効果

約 1 分
朝ごはんを食べない理由とは?朝ごはんを食べないことで起きる病気のリスクと効果

■朝ごはんが一日のスタートサイン

ついつい「食べない」「食べたくない」「お腹が空いていない」「忙しい」と抜きがちになってしまう「朝ごはん」ですが、実は健康面でとても大きな意味を持っています。

朝ごはんを食べる事には

○睡眠によって下がった状態にある体温を上昇させる

○脳の活動を活発にする(目を覚まし、思考を活発にさせる)

○胃腸を刺激し、毎日の排便を促す(便秘解消、予防)

○体内時計を正常に稼働させる

という意味があります。

健康は運動や体重管理だけでは維持出来ません。運動の効果を最大限に引き出す事、新陳代謝をあげ適性体重を無理なく保つ為には「朝ごはん」が何より重要です。

「疲れやすい」「日中に眠くなってしまう」「なかなか頭がすっきりしない」と体の不調が気になる時は、まず少量からでもいいので、毎日「朝ごはん」を食べる事から生活を見直してみましょう。

■朝ごはんを食べないと・・・

忙しい、疲れているといった不調から、朝ごはんを抜いてしまうと

○起床後も体温が上がらない、筋肉や胃腸の動きが活発にならない(慢性的な便秘など)

○疲労感が解消されない

○頭がボーっとし、なかなか思考回路が働かない

○自分の意思に体の動きが伴っていないような倦怠感がある

○昼頃から次第に体調は回復するものの、生活リズムが乱れ、不眠や寝付けないなどの症状が現れる

このように、朝ごはんを食べない事で、「目が覚めている」状態であっても、体の内面はまだ眠ったままというアンバランスな状態で一日をスタートする事になります。

この状態は、体に想像以上の負担をもたらし、毎日継続する事で慢性的な疲労感や倦怠感、無気力さをもたらします。

この状態は決して大人に限ったことではありません。

幼稚園、保育園に通う子供達にも起きています。毎日決まった時間に登園する生活、日中は決められたカリキュラムで生活する上で、自分の体がまだ目覚めていない事から、疲労やストレス、運動不足、ストレスからくる情緒不安定などにつながります。

小さな子供は、自分の状態を的確に言葉で表現できないので、愚図る、泣くなどの方法で表現するでしょう。大人はますます苛立ち、悪循環に陥ってしまいます。

日々の生活をスムーズに、明るくスタートするために「朝ごはん」は大いに貢献しているのです。

■「お腹が空いていない」朝ごはんを食べられない理由は

中高生、大人になると、朝目覚めた時に「お腹がすいていない」と口にする事も増えるでしょう。

本来規則正しい生活リズムで食事をしている場合であれば、前日の夕食から、翌日の朝ごはんまでに10時間ほどの空き時間があるはずです。朝起きた時点で、自然と空腹感を感じる事でしょう。

しかし、

○成長と共に生活リズムの乱れ

○夜更かしや夜食の習慣

○間食の食べ過ぎ

○夜ご飯を食べる時間が遅い

○夜ご飯を食べる量が多すぎる

○油っこい食事や刺激の強い食事

○飲酒

などの理由から、前日の食事がまだ未消化の状態で胃腸内に残ってしまいがちです。胃腸は夜、寝ている間も休まず消化吸収の為に働き続け、朝目覚めても疲労感が残り、消化の最中という事もあります。その為、朝ごはん用の空腹感が生じないのです。

改善する為には、

○夜ご飯の量を控えめにする

○就寝前2時間は食事や飲酒をしない

○油っこい食事は量を控え、野菜などで満腹感が得られるように工夫をする

とよいでしょう。朝は「お腹が空くもの」という事が当たり前を思えるよう、生活を見直す事が必要です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More