英語を取り入れた食文化の普及活動。英語で知る世界の食文化

約 1 分
英語を取り入れた食文化の普及活動。英語で知る世界の食文化

■英語で書かれたメニューの作成

今、日本各地で外国人観光客の数が増えています。これまでは、有名な観光地に集中していた観光プランが、より細分化された事、個人で観光プランを立てる旅行客が増えたためです。

グルメサイトを活用し、小さな個人店に足を運ぶ姿も増えています。商店街や問屋街でも多くの外国人観光客の姿を目にするようにもなりました。宿泊施設にも多数の外国人が個人ツアーを企画し訪れています。

その為、お店や地域ごとに外国人観光客に向けた様々な取り組みが必要とされています。

○これまで「メニュー」は日本語が当たり前とされていましたが、「英語表記のメニュー」を用意する

○従業員が食材についての説明を英語で出来る様にしている

○調理方法や調味料について、英語の資料を用意している

○英語で簡単なやり取りが出来るように工夫している

などです。

中には、自治体が主体となって、英語での町おこしに取り組んでいる地域もあります。

今後、オリンピックの開催やますます外国人観光客の数が増える事を見越して、ぜひ英語での料理の紹介、接客などを身に付けてみてはいかがでしょうか。

英語に抵抗感がある方も多い事でしょうが、「接客」というジャンルに絞り込む事で、

憶えるべきセンテンスは非常に限られ、決められたフレーズを暗記するだけです。以外に簡単で、楽しく英語に触れる事が出来るでしょう。

■英語で開催する「和食料理教室」

今、日本の食文化が注目を集める中で、外国人観光客や外国人移住者が日本の食文化に触れたいと思う機会も増えています。

中でも人気の内容は

○そば打ち体験

○おせち料理作り

○郷土料理体験や食事会

○和菓子作り体験

○刺身という日本特有の食生活

○醤油や味噌作り体験

○地産地消に関するイベント

などです。これまでは日本への観光といえば、「見学」が主体でしたが、最近は「体験」型がより人気を集めています。

もちろん、体験であればある程度、主催者側も英語を習得する必要があるでしょう。配布する資料も英語表記が必要になります。

一見、難しいようにも思えますが、このハードルを超え、外国人観光客の受け入れが可能となれば、集客は数倍にも増加するでしょう。

ぜひ、英語に積極的に取り組み「英語で体験ができる」事をアピールしてみませんか。

■海外で注目を浴びる日本食材

今、海外では様々な日本の食材が注目をあつめています。日本ではごく馴染みのある食材ですが、「ヘルシー」「低カロリー」な上に、ベジタリアン向けと大好評です。

その一例は

○枝豆

○豆腐

○しらたき

などです。中でも「しらたき」はイタリアで「ゼンパスタ」と名称を変え大変人気の食材となっています。一般的なパスタの麺をしらたきに変える事で、カロリーを大幅にカットする事が出来る上に、味付けもさっぱりとしたものにアレンジ出来るからです。

他にも日本の伝統的な食材や調理方法を海外へ情報発信する動きが今大変活発になっています。

ぜひ、英語を活用しまだまだ知られていない食材の紹介に挑戦してみませんか。インターネットを活用すれば、益々手軽に世界を広げることも出来ます。

「食育」や「食文化」は代々受け継ぐ事、地域で継承することも大変大切な意味を持ちます。しかし、今や食文化もグローバル化される時代です。日本の伝統的な文化や新たな取り組みをぜひ積極的に海外へ情報発信してみましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More