親子で出来る簡単手作りおやつレシピ。おやつレシピで考える食育

約 1 分
親子で出来る簡単手作りおやつレシピ。おやつレシピで考える食育

■人気のお菓子を簡単手作り

子供のおやつを時には手づくりで用意してみると、それまでとは違った発見もあり、とても有意義な時間を過ごせるものです。

例えば、「アイスクリーム」や「グミ」「ポテトチップス」といった子供の大好物のおやつなどです。

実際に手作りをしてみると

〇必要な材料の分量

〇使用する砂糖の量

〇市販品との比較

が出来、改めて健康について考えることも出来ます。

例えば、じゃがいもを丸ごと1個使って出来るポテトチップスの分量がどれくらいかをしると、

〇子供が一度にどのくらいの量をおやつとして食べているのか

〇じゃがいも1個でどのくらいのカロリーがあるのか

〇調理のどれだけの油を使用したのか

を考える事が出来ます。小さな子供の場合、料理の一品として、じゃがいも1個を食べきる事は難しくても、ポテトチップスであればあっという間に食べきってしまうでしょう。

つまり、調理方法が変わるだけで、知らぬ間に「食べ過ぎ」現象が起きているという事にもなります。

しかし、分量をきちんと考え、おやつの時間を工夫しさえすれば、「手作りおやつ」はとても簡単で、楽しく、その上市販品の比べヘルシーで、安価といいことづくしです。

ぜひ、色々な食材を活用し、オリジナルレシピのおやつ作りに挑戦してみましょう。

■手軽に出来る子供のおやつレシピ

子供に人気のおやつを、自宅で簡単に作りレシピをご紹介させていただきます。どれもとても簡単なので、ぜひ子供と一緒に作ってみましょう。

〇フルーツサンド作り

1食パンの耳の部分を切り落とし、内側になる面にマーガリンやハチミツを薄く塗ります

2いちご、ミカン、パイナップル、リンゴ、バナナなどお好みの果物を角切りにし、しっかりと水気を切ります

3泡立てた生クリームと角切りのフルーツをまぜ、食パンにサンドします

4食べやすいサイズにカットすれば、完成です

フルーツの組み合わせを変えたり、型抜きを活用すると、華やかなパーティメニューとしても活用出来ます。

〇バナナシェイク作り

1バナナを2,3cmのカットし、グラスに入れ、スプーンですりつぶします

2バナナの入ったグラスに、市販のバニラアイスを入れよく混ぜ合わせます

3アイスとバナナがしっかりと混ぜ合わせられたら、豆乳を加え、軽く混ぜ出来上りです

このレシピは、バナナ以外でもいちごなどでアレンジをしても美味しく出来上がります。

簡単でアレンジもしやすいレシピでも、盛り付けやラッピングを工夫すれば、友人を招いたパーティにもぴったりな手づくりおやつです。

■手作りする事で「素材」を知る

手作りおやつのいいところは、調理の工程でその「素材」をしる事が出来る点です。単に市販の完成品のおやつを食べるのとは違い、自分で手作りをする事で、素材の買い出しから、下準備、調理、盛り付けと完成までのどれだけの工程があるかを実感出来ます。

また、目的をもって買い出しに行くことで、旬の素材やおいしそうな素材、珍しい素材にも目が止まるでしょう。店頭にならぶ商品の中からアレンジに活用出来そうな物を選び想像も膨らみます。

このような体験も非常に有意義な「食育」です。食育を「勉強」と捉えてしまうとつい敬遠してしまいがちですが、楽しいイベント、趣味と捉えると見え方がまるで異なってくるでしょう。

身近なおやつ作りから、始める事で子供も抵抗感なく調理や食材について考える事が出来る事でしょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
食育基本法
近年、「食育」という言葉が様々なメディアで取り上げられるようになりました。 食育とは、様々な経験を通じて「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する人間を育てる事です。 「食」で「育む」と書いて食育。食育により、体と心を育みます。 &...
三大栄養素でバランスが整う食育
目次栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分三大栄養素とは何か炭水化物タンパク質脂質三大栄養素を上手に取り込もう 栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分 私たちは食事により呼吸、体温の保持、体を動かすなどの生命維持を行います。子供はさらに...
More