広がる「お弁当の日」活動。自分で作る日それが「お弁当の日」

約 1 分
広がる「お弁当の日」活動。自分で作る日それが「お弁当の日」

■香川県の小学校から始まった「弁当の日」活動

2001年、香川県の滝宮小学校で竹下和男校長(当時)が発案し、5,6年生が中心となり「弁当の日」という活動が始まりました。

この活動には

〇何を作るかを決める

〇買い出しを行う

〇調理を行う

〇弁当箱に詰める

〇片付け

の全てを子ども自身が行います。

そして、自分の作った弁当を学校に持参し、皆で食べるのです。もちろん、親も先生も、その出来具合に意見をしたり、評価もしないという決まりがあります。

小学校高学年といっても、まだまだ調理には不安があり、つい親が手を出してしまいたくなるものです。

しかし、回を重ねるごとに子供達自身が工夫をし、自ら食材や栄養について考えるようにもなります。

その上、買い出しや片付けといった、これまで意識をする機会の無かった作業も食にはあるのだという事、日ごろその役割を担ってくれている人への感謝の気持ちも芽生えます。

この活動は、単なる学校の授業の一環としてではなく、今や「食育」の活動の一つとして次第に広まりを見せています。

■全国の学校や企業にも普及する活動

「弁当の日」の活動は、小学校から高校、企業にまで波及し、様々な取り組みやイベントが開催されたり、新聞やネット上でも取り上げられる機会も多々あります。

その一例として

〇「弁当の日応援プロジェクト」として大手企業が賛同し、様々な活動、講演会、PR活動を行っています。賛同企業には、「キッコーマン」「ハウス食品」「雪印メグミルク」や「日清オイリオ」といった食に直接的にかかわる企業から「東京ガス」や「積水ハウス」といった企業があります。

〇映画とタイアップし、食に関する関心の高まりを応援しています

また、弁当にちなんだ取り組みとして、産学連携プロジェクトで

〇青森県立三本木農業高がコンビニエンスストアのローソンと弁当を共同開発し「三農色彩(いろどり)弁当」として県内の全店舗で販売するという取り組みを行い、一大ニュースにもなりました。

発案者である校長先生の取り組みは、小さな子供にもこの活動を理解してもらえるように、絵本として発刊されています。

〇絵本 「弁当の日」がやってきた! ! 単行本 2015/9/26 発

竹下和男 (著),   魚戸おさむ (イラスト)

とても温かみのあるイラストで、子供が親しみをもち、読めるように作られた絵本です。

このように「食育」は難しい学問的な受け取り方でなく、ごく身近にある楽しい事、美味しい事からも学ぶ事が出来るのです。ぜひ様々な形で「食」について考える機会をもってみましょう。

■家庭で出来る「弁当の日」活動

弁当の日活動は、もちろん家庭でも実践出来る活動です。

例えば

〇曜日を決め、自分で弁当を作る日を設ける

〇親がこの弁当を作り、子が親の弁当を作り、お互いに交換する日を作る

〇親子で一緒にキャラ弁作りをする

など色々な楽しみ方が出来るでしょう。

時には、弁当と合わせて手紙を入れると、普段なかなか口にできない事、気にかかっている事を伝えることも出来ます。記念日には写真を残しておくと、後から見返した時にいい思い出にもなるでしょう。

思春期を迎えた子供の弁当に親が日ごろの思いを込めて、色々な方法をとる事も話題になり、今や弁当は単なる食事の一つとしてだけではなく、親子、家族の大切なコミュニケーションツールとしても注目を集めています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More