様々な食育活動。食育活動の広まりとそれぞれの工夫や課題

約 1 分
様々な食育活動。食育活動の広まりとそれぞれの工夫や課題

■工場や施設の見学

食育とは非常に内容の幅が広い分野です。家庭の食卓にならぶ日々の食事だけでなく「食」にまつわる様々な内容を網羅しています。

特に子供のうちは、好奇心も旺盛で、知識欲も強いので、様々な体験、経験をさせてあげるとよいでしょう。

食が家庭の食卓に並ぶ前の段階、工程を学ぶ事もとても意義があります。

〇工場見学

〇農場見学

〇施設見学

〇漁港や魚市場の見学

〇野菜の出荷作業の見学

〇田んぼや畑の収穫作業の見学や体験

などは非常に興味深いでしょう。最近は学校の様に大規模の申し込みでなくとも、少人数での見学を積極的に受け入れる施設が増えてきているので、ぜひ様々な場所へ足を運んでみましょう。

また、学校では

〇職場体験

〇給食施設の見学

なども行い、様々な形で「食」をしる機会を設けています。

■畑の貸し出しによる野菜の栽培、収穫

日ごろなかなか「土」に触れる機会がない、畑の足を運んだ機会がないという声が都会では非常に多く聞かれます。環境上そのような条件もごく当たり前ともいえるでしょう。しかし、スーパーの店頭にならぶ綺麗な野菜たちは、元は畑で収穫され、土を洗浄し、綺麗に整えた状態で出荷され、店頭に並んでいます。

この工程を単に映像で見る事や資料で読むだけでは、本当の意味の理解には結び付きにくいものです。

最近では、様々な自治体が主体となり「畑の貸し出し」を行っています。

神奈川県のある自治体では

〇貸出期間は一年単位

〇貸出を受けた敷地内では自由に作物の栽培が可能

〇畑の管理は、貸出を受けた本人が責任をもって行う

という取り組みを行っています。

趣味の家庭菜園として活用し、様々な野菜を作る人、子供に栽培体験をさせるために使う人、家族で食べる分の野菜を時給自足する人と活用方法は様々です。

もちろん期間中の水やりや草むしりといった管理も自己責任ですから、管理の度合いのよって作物の出来高も変わります。

この取り組みをする事によって、子供たちは作物をつくる事の難しさ、種から収穫までの流れ、収穫した事の達成感を味わう事が出来るのです。その上、自ら栽培した野菜を食べる事で野菜そのものの風味を味わうことも出来ます。

また、スーパーの店頭に並ぶ野菜がいかに手間暇をかけ栽培されたものかという事を知り、食べ残しや食品の廃棄、無駄についても改めて考えるきっかけとなるでしょう。

■稚魚の放流体験

地域や季節は限られてしまいますが自治体や漁港で「稚魚の放流体験」を実施している事もあります。

子供達の多くは魚といえばスーパーの店頭に並ぶ加工済み魚を思い浮かべるでしょう。家庭で魚をさばく機会も減り、最近では魚の切り身は知っていても、元の魚の形状やサイズを知らないという子供も増えています。

このため、稚魚を放流する事を通じて、その後の成長過程で、どの程度の時間をかけて成長するのか、どのようなサイズになるのか、そしてどのような工程をへて食卓に並ぶのかを意識するには非常に適した方法と言えるでしょう。

このように最近は、「加工品」「半調理品」が増え便利さが増したというメリットもありますが、一方で本来知っておくべきことが知られないままになってしまっているという課題も増えているのです。
忙しい日々で、、便利な製品を活用し、家族の時間を持つ事も大切ですが、休日や時間のある時は、手を掛け、暇を惜しまず料理に取り組む機会をもってみましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More