日本の食卓が大ピンチ!食料自給率の低さは深刻…東京都はたったの1%って本当?

約 1 分
日本の食卓が大ピンチ!食料自給率の低さは深刻…東京都はたったの1%って本当?

◇そもそも食料自給率とは?

食料自給率とは日本の食べものがどのくらい日本産でまかなえているのかを表した数字のことです。何をベースに計算するかで2つに分けられます。

・カロリーベース

それぞれの食品のカロリーを基準にして計算する方法です(1人1日あたりの国産供給カロリー/1人1日あたりの供給熱量)肉類と牛乳・卵に関しては飼育時のエサを輸入品に頼っている場合は国産として扱われないため、実際の感覚よりも自給率が低めに出てしまうという問題があります。

・生産額ベース

生産された食料のカロリーではなく価格を基準に計算します(国内の生産額/国内の消費仕向量)こちらはカロリーベースに比べて高めの数値が出ます。

この2つ以外にも品目別の食料自給率、都道府県別の自給率などの指標があります。どれが正しい・間違っているというものではなく様々な視点から自給率をとらえることで、日本の食料に関する問題点が見えてくるでしょう。

◇日本の食料自給率の低さは深刻

平成27年度の日本の食料自給率はカロリーベースで39%、生産額ベースで66%とどちらも低くなっています。これはアメリカ130%、フランス121%、オーストラリア187%(いずれも2009年、カロリーベース)と比べてみてもかなり低いことが分かります。

日本の食料自給率の低さの原因は食生活の欧米化(米離れ)や外食の増加が挙げられます。食材の多くを輸入に頼るファストフードなどを食べる機会が多ければ多い程カロリーベースの自給率は低下していくのです。

◇食料自給率低下の問題点とは?

食料自給率が低いとなぜ問題なのでしょうか?

現在日本の人口は減少の一途をたどっていますが、世界に目を向けると人口は増え続けています。2050年には96億人になると予想されていて、世界的に食料を奪い合う時代が来るかもしれません。さらに近年は地球温暖化による異常気象が頻発していて食料の生産が不安定になりがちです。そのため食料を輸入できなくなる可能性があり、自国でまかなえていない日本は大打撃を受けるのです。

日本国内に目を向けると農業や漁業など第一次産業の衰退が問題視されています。仕事の厳しさなどから後継者が減り高齢化も進んでいて、さらに食料の生産が減ってしまう危険性があります。

◇都道府県別ランキング

日本全体の自給率は39%と低いですが、都道府県別にみると100%を超えるところもありかなり差があることが分かります。自給率の高い県・低い県それぞれを見てみましょう。

<自給率の高い県ベスト5>

1位…北海道 200%

2位…秋田県 177%

3位…山形県 133%

4位…青森県 118%

5位…岩手県 106%

<自給率の低い県ベスト5>

1位…東京都 1%

2位…神奈川県・大阪府 2%

4位…埼玉県 11%

5位…京都府 12%

食料自給率の分布を見てみるとはっきりとした地域差が見えてきます。農業が盛んな北海道や東北、九州地方は比較的高く、首都圏や関西圏は平均して低い傾向にあります。

◇品目別の食料自給率

食料自給率は米や野菜、肉など食品別にも算出されています。普段から良く食べる食料の自給率を紹介します。

・米…97%

・小麦…13%

・大豆…7%

・鶏肉…67%

・じゃがいも…73%

・トマト…59%

・りんご…56%

極端に低いのが小麦と大豆です。小麦はパンや麺類、大豆は豆腐や味噌・醤油などどれも日本の食生活には欠かせない食材の原料ですがこれほど低水準ということに驚くと思います。スーパーなどでも「国産原材料使用」と書かれたものは少なく、外食などで使われているものはほぼ輸入品と考えられます。そのため自給率がこのように低くなるのです。

その他の野菜や果物も普段買うものは日本で生産されたものが多くても、外食で使用されているものは輸入に頼っているものも多く100%には程遠い数値となっています。

◇食料自給率UPのために私たちが出来ること

品目別の自給率を見て分かるように主食の米ですら自給率100%ではありません。そのためすべて国産のもので生活することはほぼ不可能に近いと思います。しかし少し意識を変えるだけで日本の食料自給率を上げることができるでしょう。

・なるべく「国産」と表示のある食品を購入する

・旬の食材を選ぶ

・ご飯中心の食生活にシフトする

・地産地消を意識する

まずは自分で選ぶ食材を「日本のもの」にするということです。国産の食材というこだわりがあれば自然と旬の食材に目が向くでしょう。日本人の米離れが問題になっていますが、米食を増やすことも自給率アップにつながります。

まずは出来る範囲で「日本の食」を応援することから始めましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
食育基本法
近年、「食育」という言葉が様々なメディアで取り上げられるようになりました。 食育とは、様々な経験を通じて「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する人間を育てる事です。 「食」で「育む」と書いて食育。食育により、体と心を育みます。 &...
三大栄養素でバランスが整う食育
目次栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分三大栄養素とは何か炭水化物タンパク質脂質三大栄養素を上手に取り込もう 栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分 私たちは食事により呼吸、体温の保持、体を動かすなどの生命維持を行います。子供はさらに...
More