冬に注意が必要なノロウイルスとは?予防のカギは手洗いと次亜塩素酸ナトリウム!

約 1 分

◇ノロウイルスとは?

冬の食中毒のニュースでよく耳にするのが“ノロウイルス”というキーワードです。数ある食中毒菌の中でも最も有名と言っても過言ではないほど広く知られています。

ノロウイルスは体内に入るウイルスが10個程度で感染してしまうほど感染力が強く、二次感染も起こりやすいため学校や病院・高齢者施設などでの集団感染に繋がってしまいます。

同じく冬に流行するインフルエンザウイルスはアルコール消毒によって感染を防ぐ効果がありますが、ノロウイルスはアルコ-ル消毒が効かない・酸や乾燥に強いなど他のウイルスに比べて生命力が強いのも感染が広がる一因です。

中にはノロウイルスに感染しても発症しない人もいますが、小さな子どもや高齢者など抵抗力や体力が落ちている人は重症化するケースもあるので、正しい対策・予防法を覚えておきましょう。

◇原因となり得る食品

ノロウイルスの原因としてよく言われているのが牡蠣などの二枚貝です。二枚貝は海中でプランクトンなどと一緒にウイルスを体内に取り込み汚染されるケースが多くあります。その汚染された二枚貝を生、もしくは加熱不十分な状態で食べると感染してしまうのです。そのためノロウイルスの流行する11~3月は貝類は加熱してから食べることをおすすめします。

しかし、実際の感染源を調べてみると原因食品が特定できないものも多くあります。その理由はノロウイルスの感染に気付かず対策も不十分なまま調理業務を行ってしまい、あらゆる食品にウイルスが付着、それを食べることで感染するケースが多くあるからです。

このように二枚貝以外の食品でもノロウイルスの原因食品となる可能性は含んでいます。特に調理済みのお惣菜やお弁当など、購入後に調理や加熱をせずに食べるものは注意が必要です。

◇主な症状と治療法

ノロウイルスは原因となる食品を食べた後24~48時間の潜伏期間を置いて発症します。主な症状は腹痛・嘔吐・下痢です。発熱する人もいますがそれほど高熱になることはありません。通常なら発症してから1~2日で快方に向かいますが、子どもや高齢者は長引くこともあるので注意深く見守りましょう。

残念ながらノロウイルス自体をやっつける薬はなく、嘔吐や下痢に対する対症療法が治療の中心となります。ただしむやみに下痢止めを服用してしまうと腸内にウイルスがとどまり治りが遅くなることもあるため、極力使用しない方が良いと言えます。

ノロウイルスによる激しい嘔吐や下痢が続くと脱水症状がおこりやすくなります。脱水症状になってしまった場合ただの水を飲むのではなく、電解質を含む水分を摂ることがポイントとなります。市販のスポーツドリンクや経口補水液が最も適していますが、家になければ水道水に塩と砂糖を適量溶かしたものを少量ずつ摂取するようにしましょう。吐き気があると水分を摂るもの辛いですが、脱水にならないように意識して飲むことが回復への近道となります。

◇予防法を再確認

ノロウイルスの予防のカギは①手洗い②正しい消毒③食材の加熱です。各項目のチェックポイントを抑え自分の体を守りましょう。

①手洗い

ノロウイルスは食品だけではなく手を介しても感染します。そのため調理前はもちろんのこと帰宅後・トイレ後・食事前などの手洗いが予防の基本となります。必ず石鹸をつけ指先・指の間、手の甲、手首まで入念に手を洗いましょう。2度洗いするとより効果的です。手を拭く時も使い回しのタオルではなく使い捨てのペーパーがより適しています。

②正しい消毒

最初に述べた通りノロウイルスはアルコール消毒では不活化しないという特徴があります。唯一有効なのが次亜塩素酸ナトリウム溶液による消毒です。次亜塩素酸ナトリウムとは塩素系漂白剤に含まれる成分で、漂白剤を決められた濃度に希釈してから調理器具、ドアノブ、トイレの便座、床、テーブルなどの消毒に使用します。実際に感染した人の汚物処理でも塩素系の漂白剤が必要になるので一家に一本あると安心です。次亜塩素酸による消毒に適さない素材もあるので注意書きをしっかりと読んでから行ってください。

③食材の加熱

ノロウイルスは85~90℃で1分以上加熱すると感染力がなくなると言われているので、食材はなるべく加熱してから食べましょう。小さな子どもや高齢者、成人であっても免疫力が下がっている時には感染のリスクが高まります。特に貝類は汚染されている可能性があるので中まで十分に加熱することをおすすめします。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
食育基本法
近年、「食育」という言葉が様々なメディアで取り上げられるようになりました。 食育とは、様々な経験を通じて「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する人間を育てる事です。 「食」で「育む」と書いて食育。食育により、体と心を育みます。 &...
三大栄養素でバランスが整う食育
目次栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分三大栄養素とは何か炭水化物タンパク質脂質三大栄養素を上手に取り込もう 栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分 私たちは食事により呼吸、体温の保持、体を動かすなどの生命維持を行います。子供はさらに...
More