命の危険も!キノコやフグが原因の自然毒食中毒、予防には正しい知識が不可欠

約 1 分

◇自然毒とは?

食中毒の原因というと細菌やウイルスを思い浮かべますが、実は自然界にも原因となる毒が存在しています。

有名なものではフグの毒や毒キノコが挙げられます。これらはまとめて自然毒と呼ばれていて、植物性自然毒・動物性自然毒・カビ性自然毒の3つに分類できます。

植物性自然毒とはキノコや野草などが他の動物から身を守るために備えている毒のことです。毎年毒キノコと食用キノコを見間違って食中毒にかかるケースが多く発生しています。

動物性自然毒とはフグや貝類など魚介類に含まれる毒のことです。食物連鎖によって体内に毒が蓄積し食中毒の原因となってしまいます。動物性自然毒は産地や時期によって毒の強弱が異なるなどまだ研究段階のものも多くあります。

最後のカビ性自然毒とは食品に発生するカビの二次代謝産物としての毒を指します。穀物やナッツ類・腐った果物などのカビによる食中毒があります。

今回はより身近な植物性自然毒と動物性自然毒について詳しく学びましょう。

◇植物性食中毒の可能性がある食材

キノコ狩りや山菜取りなどを楽しむ人は特に注意が必要です。中途半端な知識では命の危険もあるのでしっかりと調べてから食べるようにしましょう。

・キノコ類…毒キノコには実に多くの種類があります。昔から言い伝えられている“地味な色のキノコは無毒”“虫が食べているキノコは人間も食べられる”などの見分け方には間違っているものもたくさんあるので注意しましょう。誤って食べてしまった場合比較的短時間で嘔吐・下痢・しびれ・幻覚などの症状がおこります。最悪の場合は死に至るケースもあるので少しでも不安に感じるものは食べないのが鉄則です。

・山菜や野草…ニラとスイセン、ヨモギとトリカブトやニリンソウ、セリとドクゼリなど無毒の山菜や野草と有毒の植物を見分けられずに食べてしまうケースも実は多くあります。2つを並べて見比べてみると違いが分かっても、単体で見ると勘違いしてしまい採取してしまうようです。葉の形や色、根の違いなど見分けるポイントがいくつか存在するので正しい知識を身につけることが食中毒予防の基本です。毒を含む野草を食べた場合嘔吐・下痢・頭痛・しびれなどが起こります。

◇動物性食中毒の可能性がある食材

・フグ類…“フグ=有毒”とイメージをする人がほとんどだと思いますが、実はフグによる食中毒は毎年起こっていて死者も発生しています。本来フグの取り扱いには都道府県が定める資格が必要ですが、釣り人がたまたま釣り上げて自分で調理し食中毒となるケースが多いようです。フグは種類が多く毒がある部位がそれぞれ異なりますが、それを知らずに素人が調理するのは大変危険です。フグ毒を摂取すると30分~2時間後にしびれ・頭痛・嘔吐・麻痺・呼吸困難などの症状がおこります。フグ毒には特効薬がなく致死率が高いと言われているので、素人が軽い気持ちで調理するのは絶対にやめましょう。

・貝類…アサリや牡蠣などの二枚貝、ツブなどの巻貝ともに貝毒を含んでいる可能性があります。二枚貝は餌となるプランクトンが有毒なものになってしまい、その毒が体内に蓄積することで一時的に有毒化するというものです。毒化した貝類は業者によって管理されていて流通することはないため、一般的にはあまり知られていません。ただし管理されていない場所での潮干狩りで摂った貝は有毒の可能性もあるので頭に入れておきましょう。ツブなどの巻貝の唾液腺には貝毒が含まれている場合があります。これらは予め取り除いてから調理することで食中毒を防ぐことができます。有毒な貝は食べてから30分ほどでしびれ・頭痛・嘔吐・下痢・麻痺などの症状がおこります。

◇予防法は正しい知識を身につけること

植物性・動物性自然毒による食中毒の予防に関してどちらにも共通して言えるのが“正しい知識を身につけることが大切”だということです。キノコや山菜の見分け方、貝毒に関する情報など知っていれば防げるのが自然毒の食中毒です。「自分は大丈夫だろう」という無責任な甘い考えが命取りとなります。細心の注意を払って確認することが自分の身を守る唯一の方法だということを忘れないでくださいね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More