食事×運動でもっと痩せ体質!基礎代謝を上げる運動と食事の関係とは?

約 1 分

◇食事と運動はセットで考える!

ダイエットというと体重を減らすことばかりに意識が集中してしまいますが、本来の目的は「脂肪を減らし筋肉を増やして基礎代謝を上げること」です。“基礎代謝が増える=痩せやすい身体”を手に入れることができ、その後もベストな身体を維持しやすくなります。

ダイエットを決意したその日から食べる量を減らす人は多いでしょう。しかし極端な食事制限では必要な栄養素が不足し免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったり、筋肉量が減って逆に太りにくい体になってしまう可能性もあります。これがよくあるリバウンドの原因です。そうならないためにもダイエットは運動と食事の両面からアプローチすることが大切です。

特に運動前後の食事の摂り方でダイエットの効率が左右されると言っても過言ではありません。どのタイミングで何を食べればよいのか正しい知識があれば、健康的に体重を落とし理想の体を手に入れることが出来るでしょう。

◇食事は運動2時間前に済ませるのがベスト

ダイエットのために多くの人が挑戦するのが有酸素運動であるウォーキングやジョギングですが、運動する時は空腹でも満腹でもよくありません。空腹状態で運動をするとエネルギー不足になりひどい時には低血糖症で倒れる危険性もあるので注意が必要です。逆に食後すぐに運動を開始すると消化不良を起こす可能性があります。食べてすぐに走ると横っ腹が痛くなるのも消化不良が原因です。

理想的なタイミングは食事を摂ってから2時間後と言われています。ある程度消化が進みおなかが落ち着いている状態がベストです。

◇運動前におすすめの食べ物とは?

2時間前がベストタイミングと言っても様々な都合があると思います。そんな時には次のような食事内容を意識するのがおすすめです。

・運動30分前まで

消化が良くすぐにエネルギーになるバナナ・野菜ジュース・ゼリー飲料などを少しだけ口にする程度にとどめましょう。

・運動1時間前まで

小腹が空いたと感じる場合はおにぎりやうどんなどの炭水化物を食べるのが良いでしょう。炭水化物は消化されるとエネルギー源となるため運動前には最適です。ただし脂肪分が多いとおなかに溜まりやすいので注意してください。

◇運動後はタンパク質で筋肉を付けよう

運動後に摂る栄養は体作りに直結しているためとても重要です。運動を頑張った後はご褒美と称しておなかいっぱい食べたくなりますが我慢のしどころです。逆にもっと痩せたいからと食事を抜くのも筋肉の回復が遅くなりダイエットには逆効果になります。

運動後は1時間以内を目安に食事をするのがおすすめです。ここで意識して摂りたいのがタンパク質です。タンパク質は筋肉のもととなる栄養素で運動によってダメージを受けている筋肉には欠かせません。プロテインも手軽で良いですが、出来れば食事から摂るようにしたいですね。

その他ビタミンB群には疲労回復を助ける働きがあります。レモンや梅干しなど酸っぱいものに含まれるクエン酸も疲労回復に大きく関わる成分です。色々な食材をうまく組み合わせて体の回復を手助けしてあげましょう。

◇運動後におすすめの食べ物とは?

基礎代謝を上げるための筋肉には良質なタンパク質が欠かせません。タンパク質を含む食材は肉類・魚類・卵・豆類・乳製品などですがダイエット中はカロリーも気になります。一般的にダイエットに良いと言われるのが鶏のささみやむね肉など脂肪分の少ない部位です。豚肉や牛肉ならヒレやもも肉が良いでしょう。他の食材もうまく組み合わせて摂るのが効果的です。

ビタミンBには色々な種類がありますが中でも摂りたいのがB2とB6です。ビタミンB2はレバーや納豆・卵に多く、ビタミンB6はにんにく・まぐろやカツオ・バナナなどに多く含まれています。

◇食べないダイエットは絶対NG!

痩せたいという人の中には単純に摂取カロリーを減らすことだけ考え極端な食事制限をする人も多くします。“○○だけダイエット”のような一時的に流行するダイエット方法は長く続かず、元の食生活に戻した途端に体重も元通りです。体内のバランスが崩れて痩せにくい体になってしまっているかもしれません。

最初にも説明した通りダイエットの一番の目標は基礎代謝を上げリバウンドしない身体を作ることです。基礎代謝を上げるには筋肉を増やすことと内臓をしっかりと機能させることがポイントとなります。“1日3食バランスの良い食事をすること+体を動かすこと”がダイエットの基本だということを忘れず、正しいダイエットで健康な身体を手に入れましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More