食育とは?わかりやすく解説

約 1 分
食育とは?わかりやすく解説

食育の考え方

食育は、健全な食生活が実現できるよう、食に対する正しい知識をもった人を育成することを意味し、単なる料理法や栄養管理に関わることではありません。もちろん栄養学の知識や調理に関する技能は重要な要素ではありますが、食育においてはそれに加えて食文化に関すること、さらには食に対する向き合い方など、心の教育まで包括された総合的な考え方なのです

政策としての食育

時代とともに食の文化は変化していくものですが、新しい文化が流入してくると正しい知識を持って判断ができなければ結果として良い方向へ進んでいきません。それだけではなくこれまで受け継がれてきた良き食文化が伝わらず、廃れていってしまう可能性が出てきました。実際日本では経済成長が急激に発展し様々な食文化も飛び交うようになったため、食に関して正しい判断力を養うことを目的とし、国を挙げた政策が始まりました。平成17年には「食育基本法」、平成18年には「食育推進基本計画」が発表され具体的な活動が始動しました。この計画の内容には家庭や学校における食育、食生活改善のための取り組み、農林漁業の活性化、食文化継承に関する支援などが組み込まれており食育の推進がなされています。国や自治体がこのような活動を実施するようになり企業の食育ビジネスも活発化することとなりました。講演会や関連商品の発売も行われ、食育を知る機会はますます増えてきています。

注目を浴びるようになった背景

政策が施行されるようになり食育の認知度も高まりましたが、近年のさらなる関心の高まりには消費者側からの歩み寄りがあったのです。ファーストフードやコンビニエンスストアの普及と、生活習慣の変化によりバランスが大きく偏った食事の継続や孤食をする人が増えていきました。このような生活を打破しようと考えても、正しい食事のとり方が分からず、調べてみるものの真偽のわからないような情報が蔓延しており、現代においては情報の正しい選別が難しくなってしまっています。さらに農薬や添加物、汚染された食品に関するニュースを見ることで不安に感じる消費者も出てきました。このような事態が食に対する関心を高めて、食育への注目を高めることとなったのです。

教育現場における食育

朝食を食べない子や肥満児など、子供たちの食生活の問題も深刻化しており、文部科学省でもこのような事態を受け止め積極的に食育に取り組むようになりました。食文化を知ることや自然の恵みのありがたさなどを学ぶ機会を得て、今後の健全な心身を培っていくことを目的としています。また食育に付随して地域を理解することや勤労の大切さも知ることができるのです。

食育は食の教育だけでなく人間性を育てるものだった

食というものは人間にとって生活から切り離すことはできない非常に重要な要素です。生きる上で必要不可欠なものであり、それは単に栄養素を体に取り入れるという話ではありません。それは毎日の出来事で、一生継続される行いであるため、食事は人間性を育む要因であり基礎の一つなのです。料理・栄養・文化、多くの要素が絡み合った食を正しく学び、人間性を育てるものこそが食育なのです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
食育基本法
近年、「食育」という言葉が様々なメディアで取り上げられるようになりました。 食育とは、様々な経験を通じて「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する人間を育てる事です。 「食」で「育む」と書いて食育。食育により、体と心を育みます。 &...
三大栄養素でバランスが整う食育
目次栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分三大栄養素とは何か炭水化物タンパク質脂質三大栄養素を上手に取り込もう 栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分 私たちは食事により呼吸、体温の保持、体を動かすなどの生命維持を行います。子供はさらに...
More