第2次食育推進基本計画ではどのような目標を掲げていたか

約 1 分

食育推進基本計画とは

そもそも第2次食育推進基本計画は、元となる最初の基本計画が基礎となって作成されています。その最初の食育推進基本計画は平成18年度に作られました。これは食育基本法に基づくもので、食による健全な心身と豊かな人間性を育てることを目的としています。食育基本法ではこの目的に代表される理念が制定されています。一方食育推進基本計画では実際の方法や手段といった具体的な内容になっています。

第2次計画におけるポイント

初期の食育推進基本計画は平成18年度から22年度までを対象としたもので、第2次食育推進基本計画は平成23年度から27年度の5年間について定められています。2次計画が実施される前5年間において食育の推進は、教育機関や企業、その他団体活動を通してその認知度を格段に上げることができました。しかしながら問題点はまだまだ多く存在し、孤食や栄養バランスの偏り、食文化への関心の低さの改善は満足がいくほどには達していませんでした。食育というものの周知が進んできたことと、問題点の改良具合を踏まえて、この第2次計画では、より実践的な内容を意識することとなりました。

第2次計画の具体的な目標

平成18年度から実行されてきた食育推進基本計画によって周知されることとなった食育基本法は、第2次より以下の課題を掲げました。まずはライフステージに合わせた食育の推進、そして生活習慣病の改善のための食育推進、最後に共食を通じた子供への食育推進の3つです。改善されたか否か判断がしやすいよう、詳細な数値も設定されました。目標の具体例として、食事を家族と一緒に食べる回数をカウントし、以前より10%その回数を増やすことなどがあります。第2次計画が作成された当時は朝食と夕食合わせて一週間に平均9回家族と一緒に食べているという状態でしたが、5年間でこの平均値を10回にするということが目標とされました。その他メタボリックシンドロームの予防や改善のために食事や運動をしている人の割合を、当時4割程度だったものから5割以上に上げるという目標なども作られました。

目標達成のために必要なこと

以上に掲げた内容を成功させるための方法を、第2次計画以前に行われていたものも含んで紹介します。ライフステージに応じた食育推進のためには、適切な食育の情報を世代ごとに分けて作成すること、生活習慣病の改善に関しては専門的による詳細な情報の提供と国民の理解をしっかりと深めること、そして子供への食育推進は引き続き教育機関の協力を得ることで、実施されました。

第3次食育推進基本計画へと繋がる

第2次計画は上で述べたことに限る話ではありません。あくまで重点的に設定された内容を簡単に説明しました。この他、一般的な食育の内容に応じた計画が多種多様に作られています。そしてこの第2次計画が5年間に渡って実行されてきたことで、問題点も改善の傾向を見せ始めました。平成28年度からは第3次計画が始まっていますが、これも全て平成18年度に制定された初期の計画、そして第2次計画の出した成果と問題点が基礎となり第3次計画の具体的目標と実施内容が決められました。過去の結果を反省し、その時期に合わせた一つ一つの目標の選定が重要になってくるのです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More