食育月間の取り組み内容

約 1 分
食育月間の取り組み内容

食育月間の簡単な概要

食育推進運動の機運をより高めるため「食育月間」が第2次食育推進基本計画によって定められました。毎年6月には全国的に食育推進運動に力を入れて、イベントが各地で行われることがねらいです。また政府としてもイベントの開催を推奨するだけでなく、日本全体が共通のイベントを通じることで意見の交換、モチベーションの向上、情報共有を図り、より食育が推進されるように全国規模の大会を開いています。

食育推進全国大会とは

局所的な地域のイベントとは違い、様々な地域の人との交流もすることができるのが食育推進全国大会の良いところであり、各種専門家、関連企業や団体も参加するためとても刺激的なものとなっています。普段話を聞くことのできない著名な研究者等も参加する非常に貴重な場なのです。またこの大会は毎年開催場所が移動しています。これは大会中に様々な話題について触れられる他、その開催地域にちなんだ伝統料理や食文化などが紹介されています。そうすることで地域の活性化および、日本の食文化の継承をねらいとしています。とても規模の大きな催しなので、多くの講演者も招かれ、特に興味のある講演をしているものについて聞きに行くなど、その人に合わせた楽しみ方ができます。2017年に岡山で開かれた大会では特産品の紹介に加えて、食品ロス問題、栄養バランス知識といった一般的な食育トピック、そして減塩などから考える生活習慣病へと取り組みといったより特定の話題について語られる講演などもありました。その前は福島での開催がされており、復興へ向けた内容も触れられていて、どちらも地域性やそのときの状況に合わせた取り組み内容が実施されているのです。

そのほか様々な取り組みがされている

逆に小単位での取り組みを実施することでより結束を強めることや、地域性を取り入れれば、地域交流もより密に取れるようになり今後の良い関係性の形成にもメリットがでてきます。もともと食育推進は子供たちへの取り組みが盛んなため、イベントも学校等での取り組みが非常に多いです。給食に地域の郷土料理を取り入れることや、生産者との交流会が行われ、子供たちの食育への関心の度合いを上げています。食育月間を設けることで、人はより食育というものを意識することができ、食育推進運動を知る機会にもなります。食育は年代に関わらず取り組むことが重要で、各々のライフステージにあった食生活があります。そのため学校での取り組み以外に年齢層に合わせて興味を引くような話題を扱います。長寿国の日本は健康寿命の延伸が大きな課題なので、生活習慣病予防や改善に向けた講演や、よりターゲットを一点に絞った、脳卒中にならないための栄養管理についての講演といったものまで様々です。

食育推進の効果

食育月間は食育推進基本計画の一つとして取り組まれています。そしてその中の活動をより強化するためのものです。この活動は10年以上にわたって行われており国民の食育への関心は確実に高まっています。まだまだ若者の意識の低さが目立っていてこれからの課題にされていますが、こうした活動を続けていくことでもっと周知され日本全体の食生活改善に影響していくことでしょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More