食育通信から絶品カルボナーラ作りのポイントを探る

約 1 分

家で作れる絶品カルボナーラ

日本人にも人気のパスタ料理の1つと言えば、カルボナーラではないでしょうか。カルボナーラは、炭焼き風、炭焼き職人という意味で、炭の粉を黒コショウで表現しています。

「HATTORI食育クラブ」によって運営されている、食育通信online(2017年6月26日に休載を発表)では、食に関する、良質な記事が数多く掲載されています。今回は、その中から、「プロは何故カルボナーラに生クリームを入れるのか?」という記事に着目します。

卵に火が入りすぎてしまったり、ベチャベチャした食感の仕上がりになってしまったりと、難しい印象のあるカルボナーラですが、ポイントさえ抑えれば、家でも、手軽にプロの味に仕上げることができます。「生クリームって入れた方がいいの?」、「チーズは何を使うのが良いの?」絶品カルボナーラを作るための6つのポイントを整理しました。

パスタは太めを選ぶ

カルボナーラには、ソースが絡みやすい、表面がざらざらした、太めのパスタを使います。

表面がツルツルしていたり、細すぎたりするパスタは、ソースが絡みにくいため、一般的にはカルボナーラには不向きとされています。しかし、あっさりとした仕上がりが好きな場合は、選択してみても良いでしょう。

チーズは数種類使用する

家庭でカルボナーラを作るときには、スライスチーズや、パルメザンチーズなど、スーパーで手に入りやすいチーズを使用することが多いと思います。身近なチーズでも十分美味しく仕上がりますが、ワンランク上のプロの味を目指すなら、ペコリーノロマーノとパルメジャーノをミックスさせて使うのがオススメです。2種類のチーズの長所を活かすことで、コクと旨みがアップします。

チーズの味わいをより一層引き出したい人は、チーズ専門店で、生のチーズを試してみるのも良いでしょう。真空パックには無い、独特の風味を楽しむことができます。

生クリームは少し加える

お店で提供されるカルボナーラの多くは、生クリームが使用されています。家庭向けのレシピでは、ダイエット目的などのためにあえて「生クリーム不使用」を掲げているレシピもありますが、生クリームを使用しているものがほとんどです。カルボナーラのソースに生クリームをプラスすると濃厚な味わいになり、美味しく仕上がります。また、卵が凝固しにくくなり、失敗しにくくなるというメリットもあります。カルボナーラ作りが苦手な人は、生クリームを使用することによって、苦手料理から得意料理に変わるかもしれません。ぜひ、1度試してみることをオススメします。

しかし、入れすぎてしまうと、卵の風味が薄くなって味がぼやけてしまいます。カルボナーラ本来の濃厚さを楽しむためには、卵と生クリームのバランスが大切です。生クリームの加え過ぎも、失敗の元です。

塩分濃度をしっかり計る

多くのパスタ料理は、茹で上がった後にパスタをソースの中で煮込みます。しかし、カルボナーラのソースには卵が入っているので凝固しやすく、茹で上がりに煮込むことができません。完成後に、味付けを修正するのが難しいのもカルボナーラの特徴の1つです。

「しょっぱすぎる」、「味が薄い」といった、カルボナーラの味付けに関する失敗を防ぐためには、パスタ茹でるときに、湯の塩分濃度をしっかり1%に計ることが大切です。

鍋底に水分を残してパスタを加える

カルボナーラ作りで最も多い失敗は、卵に火が入りすぎてしまうことではないでしょうか。卵黄のソースに火が入りすぎることを防ぐためには、鍋底に水分を残した状態で、熱いソースに熱いパスタを加えましょう。

熱いソースに熱いパスタを加えることで、パスタ全体に旨みがしっかり吸収され、熱々の状態で美味しく食べることができます。

ベーコンは使わない

家庭向けのカルボナーラのレシピの材料ではベーコンの使用が一般的です。しかし、本来、カルボナーラにはベーコンは使用しません。燻製の香りがカルボナーラの味を邪魔してしまうため、パンチェッタ、グアンチャーレ(豚の頬肉の塩漬け)を使います。

しかし、パンチェッタ、グアンチャーレも、スーパーではなかなか手に入りにくいものです。いずれも手に入らない場合は、豚の三枚肉を棒状に切り、塩を振って、一晩置いたものを使うと、プロの味に近づきます。

まとめ

カルボナーラ作りは、ポイントさえ抑えれば、家庭でも、簡単にプロの味を再現できます。

6つのポイントを参考に、ワンランク上のカルボナーラ作りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More