食育フォーラムのテーマから食育を見つめる

約 1 分
食育フォーラムのテーマから食育を見つめる

食育フォーラムとは

月刊「食育フォーラム」は、2002年4月に株式会社健学社から創刊された、学校給食に関する専門誌です。食育指導に役立つ内容が満載で、給食センターの栄養教諭や、調理員、栄養士、食育指導に携わっている小中学校の教諭などに読者が多いのが特長です。「生きる力を身につける」をテーマに掲げ、さまざま角度から食についてアプローチしています。子どもたちの興味を引き出すため、マンガやカラーイラストなどを用い、生きる力を育む誌面づくりを目標としています。

月刊「食育フォーラム」は、株式会社健学社から直接購入できる他、書店や、オンライン書店などでも販売されています。雑誌の販売価格は756円(税込み)、デジタル版は529円(税込み)です。オンライン書店「Fujisan.co.jp」では、主な記事の試し読みをすることも可能です。購読を検討している方は、チェックしてみてはいかがでしょうか。

年間テーマ

月刊「食育フォーラム」では、その月に相応しいテーマを設定し、分かりやすく、確かな情報を発信しています。

今回は、2016年度の特集内容から、食育について見つめ直したいと思います。学校給食の専門誌である食育フォーラムは、2016年度はどのようなテーマに着目したのでしょうか。早速チェックしていきましょう。

東日本大震災に学ぶ

2016年4月号のテーマは、「東日本大震災から5年」でした。東日本大震災の影響が5年後も色濃く残ってしまった福島県において、栄養指導を行う栄養技師、栄養士が執筆した記事を掲載しています。震災直後の様子や、炊き出し給食のことなど、福島で勤務するお2人だからこそ分かる、充実した内容となっています。

問題解決型の授業

2016年6月号は、「授業と食育」をテーマに、国士舘大学体育学部こどもスポーツ教育学科教授の北俊夫(きたとしお)が、問題解決型授業の重要性について解説しています。子どもたちが主体となった授業が実践できるよう、問題解決型授業の基本モデルを紹介しています。小中学校の教諭だけでなく、食育に携わる全ての人に役立つ内容です。

朝ごはんの重要性

2016年7月号では、東京都足立区の「子どもの健康・生活実態調査」を基に、朝ごはんについて特集を組んでいます。子どもたちの食生活を取り巻く環境の中で、貧困、肥満、コショク(個食、固食、孤食など)などが問題となっています。これらの問題の解決策として、朝ごはんに注目しています。2015年の東京都足立区の調査結果から何が見えてきたのでしょうか。朝ごはんの重要性を考え直すきっかけになります。

手作りで楽しく

2016年8月号は、「手作りしたら、楽しそう!」をテーマに、ちば食育ボランティアとして活躍する手芸家・板良敷信子のアイデアを紹介しています。和食の配膳を手のひらで表現した「手のひらシアター『和食の配膳』」や、実物大の魚を手芸で表現した「実物大の魚布ポスターと切り身料理のぬいぐるみ」など、子どもたちの好奇心を刺激する、ユニークなテクニックが満載です。

その他のテーマ

ご紹介したテーマ以外にも、「自立・自律を目指すアプローチ」、「特別支援学校に学ぶ食育」、「食育でこそ知りたい運動の大切さ」、「子どもたちと選んでいく食育」、「研究授業方式による給食室の改善」などをテーマに、さまざま角度から食育にアプローチしています。食育フォーラムならではの視点を、食育指導などに役立ててみてはいかがでしょうか。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More