市町村の食育推進基本計画から課題と取り組みを見る

約 1 分

市町村における食育推進基本計画

食育基本法第18条では、市町村食育推進計画について定められており、全ての市町村に、食育推進基本計画を作成し、食育を推進することを求めています。全国で4分の1の市町村が食育推進計画を作成していないことから、第3次食育推進基本計画では、平成32年度までに全ての市町村が食育推進計画を作成・実施することを目指しています。

市町村における食育推進計画は、地域に根付いた、効果的な食育を実践するための基本となります。各市町村は、どのような施策を立て、実践しているのでしょうか。岩手県の3つの市の食育推進計画を見ていきましょう。

北上市食育推進計画

第2次北上市食育推進計画は、市民が食育を自分自身や家族の問題として捉え、健康な体と心豊かな生活を送ることを目指して、平成29年度に作成されました。北上市では、毎日朝食を食べる人の割合が減少し、塩分摂取量が全国平均に比べて多く、子どもたちの肥満や虫歯の割合も高くなっています。一方で、成人の痩せの割合が多いのが現状です。

このような問題を受けて、「食事から笑顔あふれるまち きたかみ」を基本理念に掲げ、「バランスのとれた食事で健康になる」、「親子で食事の大切さに気付いて食卓に活かす」、「地産地消で心豊かに暮らす」の3つの基本目標を立てています。具体的には、朝食を食べる人を増やすために、朝食レシピコンテストの開催や、手軽に作れる朝食メニューの紹介、給食だよりなどを通じた朝食の重要性の周知などを行っています。

宮古市食育推進計画

宮古市では、年々人口が減少し、単独世帯やひとり親世帯が増加傾向にあります。食育を実践した結果、朝食を食べる人が増え、食を楽しむ日との割合が増加するなどの成果を得られたものの、中学生における朝食の欠食割合が改善しない、小学生における肥満の割合が目標値に達成しないなど、引き続き食や生活習慣の改善に向けた食育が必要となっています。

宮古市では、「健全な食生活の実践に向けた食育の推進」、「食を楽しむ心をはぐくむ食育の推進」、「食に関する感謝と理解を深める食育の推進」など5つの基本方針のもと、7つの重点目標を掲げています。朝食に主食とおかずのそろったものを摂取する人の増加や、虫歯数及び肥満の割合の減少などを重点目標とし、家庭、学校、地域などが連携した取り組みを実践しています。具体的な取り組みとしては、しいたけ植菌体験や、地域における簡単朝食の調理実習などがあります。

一関市食育推進計画

一関市では、第2次食育推進計画の中で、共食と朝食を重点にスローガンを掲げ、市民への啓発活動を行い、一定の成果を上げました。しかし、若い世代において朝食の欠食や栄養の偏りがあり、塩分の摂りすぎによる生活習慣病が多い現状にあることなどから、平成29年3月、「家族や地域 笑顔でつながる 食育の環」をスローガンに掲げ、第3次食育推進計画を作成しました。

一関市では、「望ましい食習慣の形成と定着」、「食べものを大切にする心の醸成、食文化の継承、食の安全と循環や環境への理解の促進」、「食育を推進する関係者の連携強化」を計画の柱としています。具体的には、市の広報や給食だよりでの周知や食のイベントの開催、健康講座での栄養指導の実施、親子や若い世代を対象とした調理講習会の実施などを行っています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More