食育月間の掲示物を作成するときに抑えておきたいポイント

約 1 分
食育月間の掲示物を作成するときに抑えておきたいポイント

食育月間とは

食育推進基本計画により、毎年6月1日から6月30日までの1ヶ月間が「食育月間」と定められています。食育月間中は、食育の普及活動を重点的に行い、食育に対する理解を深める必要があります。幼稚園や保育園、小学校などでは、掲示物を工夫し、子どもたちの食に対する関心・意欲を高めていきましょう。ここでは、子どもたちの関心を引く掲示物を作成するために抑えておきたい3つのポイントを紹介します。

分かりやすく短い言葉を使う

子どもたちに掲示物を見てもらうためには、誰が見ても分かりやすく、短い言葉を使うように心がけましょう。具体的な表現は、学校食事研究会 月刊学校の食事内の「がっこちゃんの食育掲示物」が参考になります。メインテーマについて、「お弁当を作ろう」、「上手に水を飲もう」、「ビタミンってなあに?」、「バランスよく食べよう」、「給食当番の身だしなみ」などというように、短く、シンプルな言葉で表現しています。かっこよくしようとしたり、面白くしようとしたりして、横文字や流行語を多用してしまっては、子どもたちには伝わりません。1つの掲示物は1テーマのみを取り上げ、幼い子どもにも伝わる、簡潔な表現を心がけましょう。また、メインテーマは、大きな文字で書き、離れたところからでも目にとまるようにしましょう。

かわいいイラストを使う

掲示物に、どんなに食育に役立つ内容を書いていても、文字ばかりでは、子どもたちの関心を引きつけることができず、読んでもらうことはできません。まずは、目にとまるようなものを作ることを意識しましょう。子どもたちは、かわいいイラストが大好きです。「子供と動物のイラスト屋さん」には、子どもたちの関心を引きつけるような、かわいいイラストが多く掲載されています。季節や行事に合わせたイラストや、食べ物やおやつのイラストなど、食育の掲示物を作成する際に参考になるものが多いのが特長です。フリーのかわいいイラスト素材は「いらすとや」で見つけることができます。人物や、食べ物、学校、生活など、様々なカテゴリーのイラストが用意されており、掲示物に活かすことができるでしょう。より子どもたちの関心を集めやすくするため、イラストはモノクロではなく、色彩が鮮やかなカラーにしましょう。

しかけを取り入れる

好奇心旺盛な子どもたちは、動いたり、めくれたりする「しかけ」が大好きです。「しかけ」を取り入れることによって、興味・関心を引きつけるだけでなく、印象に残る掲示物となります。「しかけ」を取り入れた掲示物は、阿南市のホームページに掲載されている食育掲示物に関する資料が参考になります。食品の自給率を立体的な模型で表現したり、お米に関する情報をクイズ形式で記載して、めくって見られるようにしたりするなど、随所に工夫が見られます。その他、折り返すと色分けされる「食品群の3色分け」や、牛乳パックで作った「食事バランスのコマ」など、参考にしたい教材や掲示物が多く紹介されています。掲示物を作るときには、具体的に1人のターゲットを意識して作成する方が、表現効果が高まります。子ども目線で考えた掲示物を作成するために、阿南市のホームページを1度チェックしてみてはいかがでしょうか。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More