厚生労働省が教える「家庭で出来る食中毒予防」とは

約 1 分
厚生労働省が教える「家庭で出来る食中毒予防」とは

食中毒と聞くと、梅雨のジメジメした季節や夏の暑い時期に多く発生するように思われがちですが、実は年間を通して発生しています。また、その原因も、外食だけでなく家庭での食事が原因になるケースも少なくありません。厚生労働省のWEBサイトでは、家庭で出来る食中毒予防の方法を調べることが出来ます。

家庭で調理する際は6つのポイントをおさえる

① 購入時からチェック
当たり前のことですが、新鮮なもの、賞味期限、消費期限が切れていないものを選ぶことが大切です。
その際は数字だけでなく、自分の目で安全な物かどうかを見分けられるような知識を持ちましょう。例えば魚ならどこを見たら新鮮かどうかがわかるのか、お肉ならドリップの有無以外に気を付けることは何かなど、もしその場でわからなければ売り場の人に尋ねてみるのもよいでしょう。また、購入したら、長時間持ち歩くことなく、速やかに冷蔵庫に入れるなどの温度管理が重要です。複数の用事があるなら、生鮮食品を買う順番は最後にするなどの工夫で品質を保つことが出来ます。

② 持ち帰った肉や魚は、ビニール袋などを利用して肉汁などが他の食品につかないように注意しましょう。冷蔵庫の中であっても、食中毒の原因になります。
また、意外と忘れがちなのが冷蔵庫の棚の掃除です。気づいたらこまめに除菌スプレーなどを使って拭き掃除をしておくと、大掃除などの時にも楽になります。それを実行するには、冷蔵庫に物を詰めすぎないことがポイントのひとつ。入れてある物が少ないほど、簡単に掃除をすることができます。また冷蔵効率から考えても、安全に食品を冷やすための目安は約7割だと言われています。

③ 手洗いの重要性は言うまでもありませんが、意外とおざなりになりがちです。肉や卵を触った後は特に意識して石鹸を使って洗うようにします。また、生の肉や魚を切った後の包丁を使って、野菜や果物など生食をする物を切る場合は、洗った後の熱湯消毒がおすすめです。その際は包丁の柄の部分もよく洗うようにしましょう。よくやってしまいがちなのが、冷凍食品の室温での解凍です。これは細菌などが増える恐れがあり、注意が必要です。

④ 調理の際に重要なのは「十分な加熱」です。目安としては中心部分の温度を75℃以上で1分間以上の加熱です。また、生の魚や肉などをフライパンなどに入れた菜箸やフライ返しを、調理後の食品に使うのも危険です。

⑤ 清潔な手で盛り付け、食事前にも手を洗うこと。シンプルですが、これが一番重要です。温かい料理は温かく、冷たい料理は冷たく、も基本。温度の目安は温かい料理で65℃以上、冷たい料理は10℃以下です。

⑥ 残った食品を保存する器や皿は清潔なものにします。また、早く冷えるよう、浅い形状のものがおすすめです。温め直して食べる時は十分に加熱するのが原則。スープなどの汁物は沸騰するまで加熱する、と覚えておきましょう。

外食や持ち帰り総菜などで気を付けること

外食については、自分の目と鼻、舌で安全な物を見分ける知識が必要になるでしょう。少しでも「おかしいな」と思うものは避けた方が無難です。
お店などで購入した総菜を家で食べる際は、前述の通り、「十分な加熱」と「清潔な手、食器」が最も重要なポイントです。細菌は目で見ることが出来ませんから、取り扱う自分自身が十分に気を付けて食べるようにしましょう。また、加熱が出来ないサラダなどの総菜は、信頼のできるお店で買うことや、温度管理をきちんとして短時間で持ち帰り、食べることなどを心掛けましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More