小学校の取り組み事例から食育を考える

約 1 分
小学校の取り組み事例から食育を考える

保育園、幼稚園から食育に取り組んでいる自治体が多くなっている中で、小学校ではどのような取り組みをしているのでしょうか。自分で考えて実行できる年齢になった子どもたちが実際に取り組んでいる事例を紹介します。

弁当の日

香川県綾南町立滝宮小学校で平成13(2001)年から始まった「弁当の日」は全国の小中学校で広がりを続け、今では1800校を超えました。これは、5,6年生の児童を対象として年に数回の「弁当の日」を設け、その日は子どもたちが自分で作った弁当を持参するというものです。学校側は、この日に向けて家庭科の授業で栄養バランスや基本的な調理技能などを指導し、子どもたちが本番に不安な気持ちを持たずに臨めるようにしています。
実施にあたっては、保護者から「包丁や火を子どもに使わせるのは危ない」「家庭へ負担が大きい」などの声がありましたが、「親は原則として手伝わない」「学校の授業で家庭科を習う高学年を対象」という学校側の姿勢から、今ではその取り組みの効果に注目が集まるほどになりました。
子どもが自分で弁当を作ることで、毎日食事を作ってくれる親への感謝の気持ちや、自分で食材を選ぶことの難しさを改めて考えることが出来ると同時に、大人も、料理をする子どもを見て一緒に学ぶことが出来るというメリットもあり、今後も多くの学校に広がっていってほしい取り組みです。

給食に玄米を

学校給食に玄米を取り入れるという取り組みは、千葉県野匝瑳市立野栄中学校の提案から始まり、今では全国の小中学校から注目されています。
発芽玄米に多く含まれる「ギャバ」には、脳内ホルモンのバランスを安定させて集中力を高める効果があることが最近の研究でわかっています。また、白米に比べて硬い玄米を食べることで、アゴの発達も強化され、何よりも食事の際に「よく噛む」習慣が身に付きます。初めはその導入に懐疑的だった保護者も多くいましたが、「よく噛むと甘みが出ておいしい」という子どもの声や、給食だけが理由ではないかもしれませんが、子どもの生活態度が変わり、いじめや暴力が減ったという事実には喜びの声が多くあがっているそうです。またお隣の国、韓国のソウルにある小学校でも給食に玄米を取り入れてその効果を実証するなど、この取り組みが海外にも広がっていることは驚きですね。
この取り組みを実施しているのは米を生産している地域の学校が多く、地産地消の観点からも注目されています。

食糧その日

新潟県上越市立大手町小学校では、20年以上前から「ある日、食糧の輸入がストップしてしまったら」という設定で「飢餓体験」の宿泊学習を行っています。11月の体験学習のために、春から秋にかけて農作業の中から収穫した食糧から1日分の分量を計算し、その食糧だけを使って自分たちで3食分の食事を考えます。宿泊体験の中では豚舎での掃除やえさ作り、えさやりなどの作業もあり、「命」をいただく=食べることの意味も考えさせるものとなっています。
日常生活では味わうことのない空腹体験から、食べ物のありがたさ、大切さを身をもって実感することで、体験前と体験後では学校給食を残す子どもがいなくなるなど、その効果は大きいようで、県外からも注目を集める取り組みです。

まとめ

この他にも、地域の特産物を学年一体となり栽培するなど、その土地ならではの取り組みは全国で行われています。どの取り組みも、初めは反対意見や保護者の不安も多く聞かれたようですが、時間をかけて不安を取り除き、継続できる取り組みになっています。食育の重要性がますます実証されている中で、このような取り組みは、まだまだ広がっていきそうです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More