子どもにわかりやすい食育関連の絵本

約 1 分
子どもにわかりやすい食育関連の絵本

幼稚園、保育園では毎日の保育の中で絵本の読み聞かせは欠かせません。絵本の中にも、子どもたちにわかりやすく「食育」というものを教えてくれるものが沢山あります。
今回はその中から簡単で、幅広い年齢の子どもたちが楽しめるものを紹介します。

やさい(幼児絵本シリーズ)

平山和子 著 / 福音館書店
大根、キャベツ、トマト、ほうれんそう、サツマイモ、それぞれの畑での姿と、お店で並んだ時の姿を順番に見ていく絵本です。畑の様子とお店の様子がダイナミック、かつ丁寧に描かれていて、大人が見ても楽しめます。また、子どもが大好きな繰り返しのリズムで、ページをめくった後を予想して、ワクワクしながら読むことが出来ます。野菜の息遣いが聞こえてきそうな絵からは、野菜が生き物であることがよくわかります。
同シリーズの「くだもの」も同じように繰り返しを楽しむ絵本で、子どもが楽しみながらページをめくることが出来ます。こちらは、丸ごとの果物が、次のページで「さあ どうぞ」の言葉と共に切った状態でお皿に盛られていて、外見と中身の違いを楽しみながら学ぶことの出来る一冊です。

サンドイッチ サンドイッチ(幼児絵本シリーズ)

小西英子 著 / 福音館書店
子どもに身近なサンドイッチを作る過程が楽しく描かれていて、これも子どもたちが大好きな繰り返しのフレーズが楽しい絵本です。「サンドイッチ サンドイッチ さあ作ろう」と読み手がテンポよく繰り返すことにより、子どもたちが飽きずに絵本に集中することが出来ます。レタスやトマトの瑞々しい絵も鮮やかで、子どもたちの目に野菜の生命力を焼き付けます。この本を読んだ後に一緒にサンドイッチを作るのも楽しみです。
同シリーズの「おにぎり」も、おにぎりを作る過程がリアルに、楽しく描かれている一冊。あつあつのご飯や、海苔のパリパリした音が聞こえてきそうな絵には、子どもだけでなく大人も「おにぎりが作りたい、食べたい!」と思える絵本です。

カレーライス(幼児絵本シリーズ)

小西英子 著 / 福音館書店
子どもが大好きなカレーライスを作る過程が楽しく描かれています。この本で面白いのは、調理する音が楽しめること。「ジュージュー」や「ジャージャー」など、おままごと遊びで子どもが真似することが出来る擬音がリズムよく入っています。
「音」を楽しむ絵本では、「おいしいおと/三宮麻由子 著」も擬音で子どもの興味を惹いて、食べ物へ導く一冊です。こちらは食べ物を噛んだ時の音を楽しく表現していて、好き嫌いが始まった子どもたちが楽しみながら食べ物を口に運ぶことが出来るようになっています。

きょうのごはん

加藤休ミ 著 / 偕成社
こちらは音ではなく「匂い」を感じる一冊です。それぞれの家庭の、それぞれの匂いが絵本を読みながら楽しめます。描かれている絵のリアルさや温かさもさることながら、その構成が「猫」の目線のというところも、大きなポイントのひとつ。幼い子どもたちは絵を、大きな子どもたちは絵の中の物語性をと、幅広い年齢層の子どもたちが楽しめる本です。

ごはん(日本傑作絵本シリーズ)

平野真理子 著 / 福音館書店
ご飯、ご飯、ご飯、とにかく美味しそうなご飯のメニューが、これでもか、と出てくる楽しい絵本です。お米の消費量が減少している今の日本で、こんなにも簡単にご飯の美味しさを子どもたちに伝えられるのは、絵本ならでは。大人も思わず笑ってしまう一冊です。

バナナのはなし(かがくのとも絵本)

伊沢尚子 著、及川賢治 絵 / 福音館書店
バナナはどうやって増えるの?バナナを冷蔵庫に入れると黒くなるのはなんで?バナナの白い筋は何?など、身近な果物でありながら知らないことが沢山あるバナナの謎を解き明かす絵本です。保育園や幼稚園の年長さんあたりから大人まで、一緒に読みながら楽しむことが出来ます。

まとめ

この他にも、同じ幼児絵本シリーズの「いちご」は、いちごが冬を越して実をつけ、その実が段々赤くなる様子が1ページごとに丁寧に描かれ、まだ内容的に難しいかな、と思われる3歳児でも十分楽しんで読むことが出来ますし、「おべんとう」は、子どもたちが自分のお弁当がどんな風に作られていくかを目で見て知ることが出来る一冊です。
どの本も、子どもの本ながらリアルで、かつ温かみのある絵が特徴で、特に小さな子どもを対象とした絵本は、子どもが飽きないよう、リズムがある言葉を重ねるなど、繰り返しの技法が特徴です。
子どもにとって身近である絵本というツールを使った食育は、簡単に、私たち大人も楽しめるものとしてお勧めの方法です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More