幼児期から家庭で簡単にできる 食育遊びを通して育む人間力

約 1 分
幼児期から家庭で簡単にできる 食育遊びを通して育む人間力

平成17年に食育基本法が制定されて以来、「食育」という言葉を耳にする機会は多くなりました。食育とは、生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり、さまざまな経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実現することができる人間を育てること。とされています。このように食に関する知識やマナーだけではなく、健康的な体を作る、そして、考える力、感じる力といった人間力を育てることができるのが食育です。今回は、食育を遊ぶようにして学んでいく「食育遊び」について考えてみてください。

子どもに必要な食育の基本

まず、幼少期に最も大切な食育の基本は、なんといっても楽しく食べることです。楽しい食事だからこそ、その時間が楽しみになったり、食べ物そのものに興味を持ったり、お手伝いがしたくなる、と積極的に食に関わりたいという行動につながっていきます。そこから、食の楽しさや大切さを理解することで、大人になってからも正しい知識や習慣を持ち続けることができるでしょう。

家庭でできる食育遊び

食育というと、学校や幼稚園、保育園でする「教育」だと思われがちですが、ご家庭でも、簡単に食育遊びをすることができます。

・食育クイズ

「○○色の食べ物は?」

「○○(味覚)味の食べ物は?」・・・甘い、すっぱいなど

「土の中に生えているお野菜は?」・・・野菜のグループわけを意識

「お魚の名前は?」

などといった食に関するお題を通して、子どもと会話していく遊びです。食材の名前を覚えたり、グループわけを意識することができるようになります。

・お料理のお手伝い

子どもはお手伝いが大好きです。遊ぶように学んでくれます。混ぜる、こねる、皮をむく、切るなど、年齢に応じたお手伝いをお願いしてみてください。

ここで大切なのは、大人の声がけです。何色かな?どうなってきた?匂いは?さわり心地はどう?といった、視覚、触覚、臭覚などといった五感を意識した声がけを行うことで、たくさんの変化や気づきを実感させることができます。

料理は、食育という点ではもちろんですが、知的好奇心を満たすとてもいい機会です。また、どんどんできることが増えるとう経験をすることができます。できたことをほめられる経験、できるようになるという経験の積み重ねが、子どもに自信と自己肯定感を育むことができます。

・ピザ屋さんごっこ

食材を準備して、ピザ生地やパンに自分でのせてピザを作ります。子どもが小さいうちは、好きな具材をのせて、自分で作ったものを食べる。

という一連の流れを体験することができるため、楽しみながら達成感を味わうことができます。年齢が上がるにつれて、栄養のバランス、彩り、味のバランスなどといった視点をプラスすることで、段階を踏んで食の知識を深めることができます。また、学んだことを考えて、実践することができる場となります。

ピザだけでなく、サンドウィッチでも手軽にできます。

今回は、食育遊びとしてご紹介しましたが、子どもは楽しければ何でも遊びにしてくれます。

「食育」を難しく考えずに、遊びながら食について考える機会を持つ。という点を意識するだけで十分な食育遊びにつながります。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

幼児期の食育に生かすお手伝い
食育基本法が制定されて以来、保育園や幼稚園、学校などで様々な食育活動が行われ、子どもたちも食に興味関心を持つ機会が増えてきました。しかし、食生活の基本はあくまでも家庭です。家庭でご飯を家族で楽しく食べることが、生きる力の源となります。家庭で...
離乳食は食育の第一歩
食育とは、生涯を通して通して行われるものです。今回はその第一歩である離乳食についてみていきましょう。離乳食の開始の目安としては、首が座っている。支えがなくても座ることができる。大人の食事に興味を示す。スプーンなどを入れても舌で押し出すことが...
More