保育園における食育の実践内容とその意義

約 1 分
保育園における食育の実践内容とその意義

食育とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てることです。

その中でも、乳幼児期における食育は、身体の成長だけでなく、心の発達にも大きく影響してきます。

厚生労働省では、食を営む力を身に付ける上で、5つの子ども像の実現を「食育目標」として掲げています。

① お腹がすくリズムのもてる子ども

② 食べたいもの、好きなものが増える子ども

③ 一緒に食べたい人がいる子ども

④ 食事づくり、準備にかかわる子ども

⑤ 食べものを話題にする子ども

上に掲げた目標を意識して、保育園での食育は行われています。

そこで今回は、保育園における食育の実践内容とその意義についてみましょう。

給食における食育の実践

保育園での給食は、単なる食事として提供する場ではありません。給食を通して、子どもの発育や発達を支え、理想的な食習慣を形成することが目的です。「食育目標」を達成するため、子どもが自らの意欲をもって食事及び食環境に携われるよう工夫されています。

給食を通して学ぶことは、非常に多くあります。食事のマナーを実践的に学び、みんなで食べることの楽しさを知り、食事の大切さを学びます。そして、それにより体が作られ、心と体の成長の基礎になることを学ぶことで、食事が生きる上で大切なものであることを実感することが大きな目的とされています。

旬の食材を学んだり、日本各地の郷土料理や世界の料理などを通して、食だけにとどまらず、たくさんの知的好奇心を満たすきっかけとなります。また、行事食を通して、四季折々の季節を感じたり、日本の伝統食に込められた意味を学ぶことができます。

献立表や給食だよりなどを通して、家庭への情報提供をすることにより、保育園と家庭との連携を図り、家庭での食の話題を提供したり、バランスの良い献立などの参考にすることができるといった役割を果たしています。

このように、給食には生きた教材として、多くのことを実践的に学び、また、食という枠を超えて多くのことを学ぶきっかけを与えてくれます。

体験学習における食育の実践

保育園では、様々な食育に関する体験学習を行うことにより、楽しみながら食育ができるよう工夫しています。自分たちで収穫したり作ったりした食べ物をいただくことで、食へのありがたみを感じ、作ることの楽しさを学びます。保育園によってさまざまな取り組みがされています。

・農業体験
プランターでできるミニトマトや、きゅうり、いちごなどの種植え、水やり、収穫までまで体験することができます。また、年長になってくると地域の農家に協力してもらい、田植え・稲刈り、芋や玉ねぎなどの野菜の収穫体験をすることができます。
保護者も交えて実施するところも多く、親子で共に食育を学ぶ場となっています。
・クッキング体験
子どもたちは「食べること」も「ものを作ること」も大好きです。農業体験で収穫した野菜を使ってご飯を炊いたり、カレーを作る機会を設けることで、育てる、作る、食べるの一連の流れを体験することができます。これらの活動を通じて、人と協力して何かを行うことや、コミュニケーションの大切さも学べる非常に貴重な機会となっています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

幼児期の食育に生かすお手伝い
食育基本法が制定されて以来、保育園や幼稚園、学校などで様々な食育活動が行われ、子どもたちも食に興味関心を持つ機会が増えてきました。しかし、食生活の基本はあくまでも家庭です。家庭でご飯を家族で楽しく食べることが、生きる力の源となります。家庭で...
離乳食は食育の第一歩
食育とは、生涯を通して通して行われるものです。今回はその第一歩である離乳食についてみていきましょう。離乳食の開始の目安としては、首が座っている。支えがなくても座ることができる。大人の食事に興味を示す。スプーンなどを入れても舌で押し出すことが...
More