絵本で楽しく食育 1歳児おすすめ絵本

約 1 分
絵本で楽しく食育 1歳児おすすめ絵本

離乳食が始まり、徐々に大人と同じような食事ができるようになってきて、楽になってきたと思う一方、好き嫌いがある、偏食で困っている、食べすぎる、食べなさ過ぎる。といったように成長とともに悩みも多くなってきます。

ただ、この1歳ぐらいの時期は、「食べるのは楽しいことだ」ということと、「食べ物に興味を持ってもらうこと」が一番大切です。

今回は、食べ物や食べることに興味をもってもらえる絵本を紹介します。

しろくまちゃんのほっとけーき 作 わかやまけん

この本は、しろくまちゃんがお母さんとホットケーキをつくるための材料の準備から、食べる、後片付けといった一連の流れをとってもかわいらしく描かれています。ぽたあん どろどろ ぴちぴち ぷつぷつ といった擬音語も想像力を掻き立てられ小さい子でも楽しく読むことができます。また、少し大きくなってくると、この絵本をみながら自分で作ってみたいという意欲を引き出してくれます。長く楽しめる1冊です。

くだものさん 作 PETIT POOKA

「くだものさんくだものさんだあれ」といって隠れているくだものをめくっていくしかけ絵本になっています。顔のついたくだものが表情豊かです。絵がカラフルで子どもの注意もひきやすく、小さいうちはしかけを楽しみながら絵本を読むことができます。少し大きくなってからは、くだものの名前を覚えたり、あてっこ遊びなどをするなどして楽しむことができます。わかりやすく見やすい絵本ですので、1歳になる前からも楽しめるので、出産祝いなどでも喜ばれています。

やさいさん 作 PETIT POOKA

くだものさんと同シリーズの野菜バージョンです。「やさいさんやさいさん だあれ」「すっぽーん〇〇さん」と同じ言葉の繰り返しで、テンポよく、読んでいても、楽しくなる1冊です。くだものさん同様、それぞれ子どもの年齢に応じた楽しみ方ができる本となっています。絵本をみながら、本物の野菜を見比べたり、触ってみたり、食べてみるなどして、野菜へ対する興味を引き出しましょう。

ノンタンもぐもぐもぐ 作 キヨノサチコ

昔から続く大ベストセラーのノンタン赤ちゃんシリーズです。「もぐもぐもぐ なにたべてるの~?」の次に「おいしいおいしい〇〇」といったシンプルな繰り返しの展開です。一緒にもぐもぐしてよく噛むことを意識できるようになったり、食べているものを当てたりとしながら、食に対する興味をひきだすことができる絵本です。ノンタンシリーズはほかにも生活に密着したテーマのものがあるので、気に入ったら図書館や本屋さんで他のシリーズも見てみてください。

おやさいとんとん 作 真木文絵

かわいい野菜たちが下ごしらえされカレーになるまでを描いた絵本です。韻の踏んだテンポ良い文章とかわいいお野菜の表情が小さな子どももくぎ付けになります。どれも身近にある食材ばかりなので、野菜に親近感を感じることができる一冊です。カレーがどういう風にできるのかがわかったら、この本を参考に一緒に作ってみるのもいいですね。

はみがきれっしゃ しゅぱつしんこう!  作 くぼまちこ

歯みがきもこの時期身に付けたい習慣の一つです。食後の歯みがきに苦戦しているお子さんんにはこの絵本をおすすめします。はみがきが苦手な男の子のところにはみがきれっしゃがやってきます。はみがきの役割をしっかりと伝わるように表現されています。絵本を見た後に「〇〇くんのところにもはみがきれっしゃがきたよ」と言って絵本の真似をしてみるなどしてみてください。楽しんで歯磨きができるきっかけになってくれる1冊です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

幼児期の食育に生かすお手伝い
食育基本法が制定されて以来、保育園や幼稚園、学校などで様々な食育活動が行われ、子どもたちも食に興味関心を持つ機会が増えてきました。しかし、食生活の基本はあくまでも家庭です。家庭でご飯を家族で楽しく食べることが、生きる力の源となります。家庭で...
離乳食は食育の第一歩
食育とは、生涯を通して通して行われるものです。今回はその第一歩である離乳食についてみていきましょう。離乳食の開始の目安としては、首が座っている。支えがなくても座ることができる。大人の食事に興味を示す。スプーンなどを入れても舌で押し出すことが...
More