食育の意義について

約 1 分
食育の意義について

食育の語源は、明治時代より使用されており、「小児にとって、体育、徳育の根元は食育にある」(村井弦斎,1903年)という記述が残されています。この「食育」の目的は栄養摂取不足への警鐘でした。「飽食時代」といわれ、食べ物があふれ、いつでも、どこでも、子どもでも簡単に「食」が手に入る時代の「食育」の目的は何でしょうか。
2005年、「食育」に関する施策の基本となる食育基本法が成立しました。国家レベルで食事をどうしようかを捉えた法律は、世界の中で珍しい法律です。また、食育に関する資格は、公的なものはないにせよ、民間団体が多種多様な資格を設定しています。このように食に関する資格が多い国もめずらしいそうです。なぜなら、「食を含むライフスタイルの選択は本質的には個人の決定に任される」という考えかたが一般的であるからです。
それでは、なぜ今日本で「食育」が注目されているのでしょうか。食育の目的そして具体的な食育活動を取り上げて、「食育」の意義について考えていきましょう。
[食育の目的]
食育基本法にもあるように、高齢化社会の現代において、日本国民が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性をはぐくむことを目的としています。
具体的には、健康の維持のほかに、食品の生産・流通・消費の変化への対応、地産地消の促進、自給率の向上、食教育のあり方の見直し、食の安全と安心の確保、食にかかわる伝統文化の継承などがあげられます。つまり、相当広範囲にわたる多くの目的があると考えられます。食にかかわる環境が、大きく変化しているのです。
世代別に考えると、乳幼児期には「食べる意欲の基礎を作る」思春期には「食の体験を深め、自分らしい食生活を実現する」成人期には「健全な食生活を実践し、次世代に伝える」高齢期には「食を通じた豊かな生活や食文化を次世代に伝える」ことを目的としています
[食育の実践活動]
食育の現場は、と家庭内の日々の食生活を通して行われるものと学校の給食や健康教育を通して実践される取り組みの二つに大きく分けられます。
※ 家庭内での食育
食の原点である「家庭の食卓」のあり方は、様々な問題が取り上げられています。その一番の犠牲になるのは「子ども」たちであることは明らかです。学力の差と食への意識には明確な関係あるという報告は多くあります。「こ食」という言葉を例に挙げて、問題点を考えましょう。
①「孤食」:それぞれの生活パターンに合わせて、それぞれが一人で食べる
②「個食」:家族が同じ食卓についても自分の好きなものをそれぞれが食べる
③「固食」:それぞれが固定した好きなメニューしか毎回食べない(ダイエットのため)
④「小食」:食べる量が極端に少ない
⑤「粉食」:パンやパスタなど粉を使った主食を好む。
食育の実践活動では、これらの問題点を整理し、各家庭にこのような問題が発生していないかを確認することです。「孤食」であると会話の機会が少なく、発想力や表現力が低下する。「固食」であると特定の食品添加物や食品中の化学物質の影響を受けることなど、影響についても説明をします。
※ 学校での食育
学校において食育を推進するには、指導体制の整備が不可欠です。そのため、2005年より栄養教諭制度が開始しました。普段の給食を通して「食育」を実践することも大切ですが、「ふれあい給食」のように地域の高齢者との交流の場を作ることにより、食べることだけでなくコミュニケーションの広がりにも大切な食育活動です。
食育に関しては、体育科、家庭科、特別活動時間にも「食育の推進」を図っています。
飽食時代であるにもかかわらず、乱れている現代の「食環境」を再度見直すことが必要であることを理解いただけたでしょうか。一人ひとりが、「食」の大切さを見直し、安心・安全・健康な人生を送るために「食育」について、これからも関心を持ち続けましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More