食育基本法とは

約 1 分
食育基本法とは

平成17年6月10日、第162回国会で「食育基本法」が成立し、同年7月15日から実施されました。この法律が制定された目的は、国民が生涯にわたって健全な心身を培い、豊かな人間性を育むことができるようにするため、食育を総合的、計画的に推進することにあります。

「食育」とは

食育基本法の中では、「食育」を次のように位置づけています。

① 生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきもの

② 様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること

食育推進の歴史

食育を推進するため、今までも食品安全委員会、文部科学省、厚生労働省、農林水産省などが中心となっていろいろな取組を進めてきました。また、地方公共団体や民間団体においても、自発的な食育への取り組みが行われてきました。

この食品安全委員会では、食品健康影響評価の手法や内容等に関する情報の提供及び意見交換の促進を通じて、食品の安全性に関する国民の知識と理解を増進。

文部科学省では児童生徒が正しい食事の摂り方や望ましい食習慣を身につけることなどにより、生涯にわたって健康で生き生きとした生活を送ることができるよう、栄養教諭制度の円滑な実施をはじめ、食に関する指導の充実を図るための取組を推進。

厚生労働省では、すべての国民が健やかで心豊かに生活できる社会とするため、国民健康づくり運動、母子保健活動、食品の安全性の確保を推進し、国民一人ひとりの健康を向上。

そして農林水産省では健全な食生活の実現、農林漁業や食品産業に関する正しい知識の普及、食文化の継承、食品の安全性に関する基礎的な情報の提供などを図るため、食育を国民運動として展開してきました。

このように食育に関して推進されてきましたが、これらをまとめ、長期間にわたり食育の現状の課題を見直し、改善していくために食育基本法が制定されたのです。

食育の現状課題

食育の現状課題は次の通りです。

① 「食」を大切にする心の欠如

② 栄養バランスの偏った食事や不規則な食事の増加

③ 肥満や生活習慣病(がん、糖尿病など)の増加

④ 過度の痩身志向

⑤ 「食」の安全上の問題の発生

⑥ 「食」の海外への依存

⑦ 伝統ある食文化の喪失

これらに対する抜本的な対策として、国民運動として食育を強力に推進するための法律が制定されたのです。

また、朝食の欠食率は、男女とも20歳代が最も多くなっています。

野菜の摂取量ですが、厚生労働省が推進している「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」では、野菜を1日350g以上摂ることを目標としていますが、目標値には達していません。

そして近年、生活習慣病が増加していますが、その予防のためには適切な運動とともに食生活を改善していくことが大切です。30~60歳代男性の約3割に肥満がみられ、いずれの年齢層においても肥満が増えています。また、女性では60歳以上で肥満が多くみられます。

「糖尿病が強く疑われる人」と「糖尿病の可能性が否定できない人」との合計は、平成14年で1,620万人(推計)と平成9年の1,370万人に比べて増えています。

これらの課題を改善していく為に各行政が工夫を凝らしています。

今後の取り組み

食育基本法では、国民運動として食育を推進するための基本的施策として、次のような7つの取組が示されています。このような取組を通じて、私たち一人ひとりがまさに自分や家族の問題として食生活を見つめ直し、家庭、学校、保育所、地域その他の社会のあらゆる分野における食育の活動に参加、協力することが期待されています。

1.家庭における食育の推進・・・保護者や子どもの食に対する関心と理解を深め、健全な食習慣の確立を図ります。

2.学校、保育所等における食育の推進・・・学校、保育所等において、魅力ある食育を推進し、子どもの健全な食生活の実現と健全な心身の成長を図ります。

3.地域における食生活の改善のための取組の推進・・・地域において、栄養、食習慣、食料の消費に関する食生活の改善を推進し、生活習慣病を予防します。

4.食育推進運動の展開・・・国民、教育関係者、農林漁業者、食品関連事業者などによる民間団体の自発的な食育活動の全国展開を図ります。

5.生産者と消費者との交流の促進、環境と調和のとれた農林漁業の活性化等・・・生産者と消費者との交流の促進、環境と調和のとれた農林漁業の活性化等

6.食文化の継承のための活動への支援等・・・伝統的な行事や作法と結びついた食文化、地域の特色ある食文化等、伝統ある優れた食文化の継承を図ります。

7.食品の安全性、栄養その他の食生活に関する調査、研究、情報の提供及び 国際交流の推進・・・国民の適切な食生活の選択に資するよう、調査研究や情報提供を進めるとともに、食育に関する国際交流を推進します。

各地域で発足されている食育活動に積極的に取り組む事、そして各家庭でも食育を意識して日々食事に取り組む事が大切です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More