食育の実践【日本の食文化・冬】

約 1 分
食育の実践【日本の食文化・冬】

大晦日、お正月など、冬は昔からの日本の伝統行事が多く、それに伴って行事食等を目にする機会も多くなります。食育の目標の1つである「食文化の理解」という点において大変よい機会です。先人から受け継いできた食文化やその思いに触れ、知識や経験を深めていくことはまさに「生きた食育」です。

大晦日の年越しそば

大晦日、家族で食卓を囲みながら年越しそばを食べるという人も多いかと思います。では、なぜ、「そば」なのでしょうか。諸説あるのですが、一説としてはそばの作り方が由来していると言われています。そばはそば粉を水で練って作った生地を細く長く伸ばして作ります。そのことから「細く長く健康に生きられるように」との願いを込めて、そばを食べるようになったと言われています。

人々の願いが込められたおせち料理

お正月料理の定番であるおせち料理、見た目にも美しく実におめでたい気持ちになります。そのおせち料理は、これから始まる新たな1年の幸せを願い、昔からお正月の食卓には欠かせないものとされています。例えば、「数の子」はニシンの卵ですが、ニシンの卵は大変数が多いことから、「子孫繁栄」、「田作りまたはごまめ」はイワシの肥料が田畑を豊かにすることから「五穀豊穣」、「黒豆」は黒が魔よけの色とされていることから「無病息災」、「エビ」は腰が曲がっていることから、また「昆布巻き」は「養老昆布(よろこぶ)」の語呂合わせから「健康長寿」、「栗きんとん」は、黄色い見た目が金のようであることから「商売繁盛」など様々な縁起を担いでいます。

縁起を担いだ正月の食文化は他にも

また、お正月の食文化はおせち料理だけではありません。日本では昔からお正月には神棚等に鏡餅をお供えする風習があります。その鏡餅を1月11日に下ろし、木槌等で割って食べるのが「鏡開き」といわれるものです。(「切る」は縁起が良くないので刃物で切らないのが決まりです)神様からのお下がりをいただくことで「無病息災」などのご利益を得るという意味があります。その餅を入れて作るのが「雑煮」と呼ばれており、全国各地で様々な雑煮が食べられています。そして、お正月が明ける1月7日には「七草がゆ」があります。春の七草とは「ゴギョウ、ハコベラ、ナズナ、スズシロ、スズナ、セリ、ホトケノザ」を指し、これにも「無病息災」を願う意味が込められています。

冬至のカボチャとゆず湯

冬至も日本の冬の食文化の1つです。冬至は24節気の1つで、この日を境に徐々に昼が長くなっていくと言われています。この日にカボチャを食べたり、ゆず湯に入ったりするのはなぜでしょうか。昔から冬至には「ん」のつくものを食べると運を呼び込めると言われてきました。その中でもカボチャは「南京(ナンキン)」とも呼ばれるため、運の流れが陰(北)から陽(南)に向かうというイメージがあり、特に縁起がよいとされてきました。また、カロテンなどが豊富なこともあり、冬の風邪予防の食材として昔から食べられてきたようです。ゆず湯の風習は、ゆずの強い香りで身を清めて運を呼び込むという説や、寿命の長いゆずの木のように健康で長生きできるように願いを込めてという説があります。

節分の豆と恵方巻

節分とは立春の前日です。昔から、災いや邪気を「鬼」に見立てて、豆を投げて追い払うという習わしです。この時に使う豆は炒り豆が使われることが多いのですが、これは「魔目を射る」という語呂合わせという説もあります。また、節分に食卓に上がることが多い「恵方巻」ですが、発祥などは多くの説があり定かではないのですが、その年の恵方(神様がいる方向)に向かって願いを込めながら太巻きを食べると福に恵まれるといわれています。

食育から先人たちの思いを知る

日本の食文化の中には、先人たちの様々な思い、願いが込められているものがたくさんあります。健康や幸福を願う気持ちはいつの時代も変わらないものです。そのような先人たちから受け継いできた食文化を理解し、食生活の中で実践し、そして次世代に伝えていくことは食育の担う大きな課題の1つです。このような機会にぜひ家族で食卓を囲みながら日本の伝統の食文化に触れ、楽しんでみましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More