五感を使って食育をする

約 1 分
五感を使って食育をする

五感とは、人間の感覚を五つに分けたもので、味覚・視覚・聴覚・嗅覚・触覚が挙げられます。人間に限らず、動物全てはこの五感を使って食材を得て、食べる行動を行っているといっても過言ではありません。

五感で食べるということ

味覚:甘い・辛い・酸っぱい・苦い・しょっぱいという五味のほかに、うまみという味をも食べることによって味覚を使っています。
臭覚:おいしそうな匂い、腐っているかもしれない匂いなど食欲をそそる匂いや健康を守るためにも臭覚を使っています。
視覚:食べるときに、食材の色やつや、姿、形そして盛り付けを目で味わうことをしています。食材に限らず食器などにも視覚を使用しています。
聴覚:食べるときに硬いものを食べるとバリバリという音が聞こえます。料理をするときにゴトゴトという煮る音を聞くとき、また、食事中に音楽をかけて楽しい雰囲気の食卓にするときなどに聴覚は使われています。
触覚:果物をむくときは触覚を使っています。手で食べることは、少なくなりましたが、料理中には、ちぎったり、こねたり食材に触れることによって食べるという行為に楽しみを添えます。

意外なことですが、この中で五感が感じる割合は、視覚83〜87%、聴覚7〜11%、触覚1.5〜3%、嗅覚2〜3.5%、味覚1%と、実は味覚から感じる割合は五感の中で一番低いのです。そして一番感じているのは意外にも目で見る情報である視覚なのです。

五感を用いた食育

① 視覚に頼らない食事経験:目隠しをして食事体験をすると見えない分、食材を体自身で感じるようです。この食材は体にいいからと考えて料理するのはもちろんですが、食感や匂い、噛んだ時の音を楽しむ遊び心を我が家の食卓にも取り入ることにより家庭で食の重要性が認識できるでしょう。
② 食材の触覚を知る:家庭の小さな庭でもベランダでも野菜作りの実体験は、子どもたちに様々な刺激を与えてくれます。実際に土を触って育てることで、食物を大切に思うようになります。生産者の方への思いを巡らせ「このきゅうりは立派だね」「作った人すごいよね」という思いは、食を大切にする第一歩です。
③ 味覚について調味料をとおして理解する:味覚センサーの調整と知られている「さしすせそ」について、子どもと一緒に料理をしながら味の変化を理解します。料理の基本の調味料を使用するときの順番を示した有名なリストです。
さ:砂糖 最初に砂糖を入れます。なぜなら、砂糖の主成分であるショ糖は、分子が大きいため、最初にいれるのです。味を付けたい物体の隙間を、先に小さな分子で埋められてしまっては、大きな分子が入り込む余地がなくなるのです。
し:塩 塩の主成分である塩化ナトリウムは、分子は小さいもの、固体(粉末)で使うことが多く溶解に時間を必要とすること、主成分に揮発性の物が少ないため、2番目に入れます。
す:酢 酢はほとんどの場合、液体なので、固体のように溶け残りを心配する必要はありません。また主成分である酢酸(CH3COOH)は揮発する性質があるため、風味を大事にする意味でも中盤に投入します。
せ:醤油/そ:味噌 これらは、発酵という微生物の複雑系の中で生み出され、多様な種類があり、また特徴的な風味をもたせたものも多いため、最後に加えて、それぞれの個性を活かすと料理の深みが増します。
五感を通して食育をする機会は、学校よりも家庭に多くの機会があります。親子で調理をすることは食育の第一歩ですね。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More