食育に関する研究例の紹介

約 1 分
食育に関する研究例の紹介

食育に関する研究は、子どもが主体となる研究、大学生などが主体となる研究発表会さらに研究職の専門家が研究する場合など、いろいろなレベルで食育についての発表を行っています。ここでは、それぞれのレベルでの食育に関する研究を紹介します。
子どもの現場を主体とする研究例
①「テーマ:簡単手作り朝食レシピ~食べさせて欲しい朝ごはん~」
佐賀県H保育園
研究のねらい:近年は、子どもの生活リズムが変化しているといわれ、保育所においても子どもたちの“食”に関して気になることが多く、朝食を食べずに登所する子ども、お菓子を朝食にしている子ども、偏食の多い子どもなど考えさせられる現状がいます。そこで給食委員会では、忙しい保護者が少しでも楽に簡単にできるレシピ集を作成し、 広く活用してもらうために”食べさせてほしい朝食レシピ”を作りました。
②「テーマ:保育園ですすめる食育 ~保護者とはぐくむ食育~」
大分県M保育園
研究の内容:家族構成をみると少子化や核家族化が進み、保護者の就労形態やライフスタイルの多様化から子どもを取り巻く環境が大きく変化しています。幼児期は生活リズムや食習慣を身につける重要な時期であるにも関わらず、就寝時刻の遅延や、朝食の欠食などの問題が見られるようになりました。この状況をすこしでも改善するように保護者に対して多くの試みをおこないました。
③ 「テーマ:五感を育む郷土食~楽しいね!おいしいね!元気だよ!~」
鹿児島県T保育園
研究のねらい:おばあちゃんへの感謝状『おばおちゃん、おいしい芋んこをありがとう』という子どもたちの声をもとに、家庭でどれだけ郷土食を作られているか、保護者へアンケートを行い、その結果、郷土食があまり行われてないことが分かり、ぬくもりある郷土食作りに取り組むことにしました。
専門家による食育研究例
① 乳幼児期における食育カリキュラムの開発
―地域の農産物生産者との連携を軸として―
代表研究者/発表者 師岡章  白梅学園短期大学保育科
厚生労働省から保育所向けに、『楽しく食べる子どもに~保育所における食育に関する指針~』というものが通知されました。しかし、この食育指針は、保育所向けのいわゆるナショナル・カリキュラムという性格であるために、具体的に「何歳でこれをやろう」というような内容の提示がありません。少し具体的な取り組みという形で考えていくときに、この食と農の関係を視点におきながらとらえてみよう。そんな動機からこの研究プロジェクトを進めました。

② こどもはほんとうに野菜が嫌いか?
―野菜の生産から消費の体験およびこどもの食歴と嗜好変化についての研究―
代表研究者/発表者 原知子  神戸山手短期大学生活学科
調理教室の活動を通じて子どもたちの野菜摂取がどういう状況であるか、家族と一緒に参加した活動を通して、子どもたちにどのような変化が認められるか、また、本当に子どもたちが野菜を食べないのか、子どもは野菜が嫌いなのか、ということについて調べてみました。のちに、この集団が一般集団と傾向が似ているかどうかの検定をしました。
③ 大学を拠点とし、地域性を重視した食育推進のコラボレーションシステムの構築         
代表研究者/発表者  足立己幸 女子栄養大学
すでに地域内で活動している組織やグループを母体に、地域性を重視し、住民参加、グループ等のセルフエステームを重視した食育推進のコラボレーションシステムの構築を試み、その形成過程での課題を明らかにし、ステージとして把握すること、その過程で地域内の大学の役割を検討することを本研究の目的としています。

保育園などの現場が食育に関して研究する場合と、大学教員が専門的に食育を研究する場合で視点が異なることがわかります。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More