食育に関しての今後の課題

約 1 分
食育に関しての今後の課題

食育に関しては、2005年に制定された33条から成る食育基本法が基本的な法律です。内閣府、農林水産省、文部科学省、地方公共団体など複数の行政機関が関わって策定されるほど幅の広い分野に関係し、「食育」についての啓発活動を行っています。食育基本法は、食育に関する施策の実施を「国の責務」と定めており、農林水産省に限らず厚生労働省や文科省など他の省でも、情報提供や栄養指導を行っています。地方自治体も含み多くの啓発活動が行われているにもかかわらず、どのような効果があるかについての客観的な報告があまり多くありません。例えば、「食育」を行った結果、健康寿命が延びた。「食育」を行った結果、子どもの受診率が減ったなど聞いたことがありません。また、健康寿命が延びたとしても、それが「食育」の効果であるかも不明です。
さらに、食に関する行動は、基本的に個人の責任ですので、強制をすることはできません。「食を含むライフスタイルの選択は本質的には個人の決定に任される」という考えかたが一般的であるからです。
そのような中で、群馬県では2015年の県民意識調査で食育に関しての質問項目を作成し、食育に関する問題点と今後の課題を探ったので紹介します。

群馬県の食育に関する意識調査結果

【食育への関心度】「食育の関心度」(「関心がある」「どちらかといえば関心がある」の合計値)は、一般県民(80.7%)より幼児保護者(96.1%)の方が関心の高さがうかがえます。しかし、その内訳は「関心がある」が約3割であり、「どちらかといえば関心がある」が多いこと から、なお一層、食育への積極的な関心を高めることが必要です。
食育に関連する事項の実践状況は、「規則正しい食生活リズム」や 「栄養バランスのとれた日本型 食生活の実践」が多く見られましたが、「生産から消費までのプロセスの理解」や 「食文化の継承」 などは依然として低い割合となっていました。また、「家族で料理を作る」や「食材や味覚を楽しむ」 という技術や知識を必要とする項目も低く、より具体的なテーマ(目的)による食育活動が必要です。
【食生活の参考にしている指針】 食育の実践状況では、「規則正しい食生活リズム」や 「栄養バランスのとれた日本型食生活の実践」 が多く見られましたが、食生活の参考にしている指針については、「特に参考にしていない」が一般 県民(33.9%)、幼児保護者(34.4%)ともに3割以上となっており、指針の活用は十分とはいえないこともうかがえました。食塩摂取量の減少、野菜や果物の摂取量の増加を推進するためにも、具体的な食事や食品をどの ように組み合わせて食べるか等、指針の活用を普及することが必要です。
【食に関する事項の認知度】食に関する事項の認知度では、「消費期限と賞味期限の意味」「地域の産物、旬の食材」について の認知度が高い傾向でした。幼児保護者は、子どもの毎日の食事づくりに関わる知識(栄養表示の 見方、健康に配慮した一食あたりの献立)の認知度が高い傾向がうかがえました。一方で、「どんな食材をどれだけ食べればよいか」や「食品の廃棄を減らす方法」は約半数の認知度であり、上記の 「食生活の参考にしている指針」の活用や食品を無駄なく料理ができる知識や技術を普及することが必要です。

食育の重要性が政府主導のもとにたくさんの啓発活動が全国で行われていますが、必ずしも実態がともなっているとは言えないようです。これまでの「食育」は「バランスよく食べよう」ということに焦点が合わされていましたが、正論をそのまま伝えるだけでは、子どもや若い人たちの心には響いてこないようです。食育という活動がお祭りのテーマになることなく、実際の生活に根付いた啓発活動であるようにし、実際の成果が出るようにすることが今後の課題であることが明らかです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More