食育の現状と課題~平成29年度食育白書から②~

約 1 分
食育の現状と課題~平成29年度食育白書から②~

第三次食育推進基本計画の重点課題の1つである「多様な暮らしに対応した食育の推進」について、前回の「共食」に引き続き、今回は「孤食」の状況と課題、実践事例についてみていきたいと思います。

一日の全ての食事を一人で食べている「孤食」の状況

【現状】
・週の半分以上が孤食であるという人は約15%で、増加傾向にあります。
・家族との共食は重要だと認識しているが、仕事の都合など、個人や家庭の努力だけでは改善が難しい状況がうかがえます。
・孤食をしている人に「孤食についてどう感じているか」を尋ねた結果、「一人で食べたくはないが、他の人と時間や場所が合わない」、「一緒に食べる人がいない」という回答が多くみられました。そのために、「仕方なく一人で食べている」という状況です。
・「仕方なく孤食をしている」という背景には、核家族化や高齢者の単独世帯の増加、夫婦のみの世帯、ひとり親世帯など、家族構成の多様化が影響しています。
・特に、65歳以上の高齢者の単独世帯が増加してきていることは今後の孤食率に大きく関わってくると予想されています。
【課題】
世代別に孤食をせざるを得ない背景を把握し、それぞれの状況に沿った改善策を立てる必要があります。
・子育て家庭については、共食率増加の課題と同じく、仕事をしている親のワークライフバランスを充実させること
・高齢者の孤食率が増加傾向にあることから、家にこもりがちな高齢者と地域などとのつながりを作り、「地域での共食」(高齢者サークルなど)の機会を増やすこと
・ひとり親世帯の子供がおいしく楽しく安全に共食したり、過ごしたりできる「子供の居場所」(子供食堂など)の活動を広く普及、認識させること など

孤食から共食へ

第三次食育推進基本計画では、「誰かと一緒に食事をしたい」と思っている人が地域などのつながりによって「共食できる」割合を増やすという目標を掲げています。具体的には、平成27年度64.4%であった割合を平成32年度までに70%以上にするとしています。この目標を達成するには、今後さらに増加するとされている高齢者単独世帯の孤食へのアプローチも重要になってくると思われます。次にその実践事例をご紹介します。

【実践事例】
宮城県岩沼市のホームひなたぼっこでは、高齢者や東日本大震災後の仮設住宅入居者を対象とした地域サロン活動を実施しています。ホームでは家にこもりがちな高齢者が外にでて地域とのつながりをもつきっかけとなるような活動をしています。その中では参加者でテーブルを囲んでの昼食会も開催されています。また、平成28年からは、男性も参加しやすいように、「おばんですサロン」という一人暮らしの男性高齢者を対象とした夕食会を始めました。近所の人などから紹介された方が参加する形で始まったサロン活動の環は回を追うごとに広まり、今では参加者同士はすっかり顔なじみになっているそうです。このような地域とのつながりから集った仲間たちと囲む食卓は「楽しい」「おいしい」と大変喜ばれており、参加者たちは次回の開催を心待ちにしているそうです。

「一緒に食べたい」を叶えるために

誰かと一緒に食べると同じ物を食べていても、一人で食べるより何倍もおいしく感じられます。それは、共食者と会話やコミュニケーションを取る中から心にも栄養が補給されているからだと思います。食育とは体の健康のみならず、心の健康も重要なテーマです。暮らしの多様化で、仕方なく孤食をしている人が今よりも一回でも多く、家族との共食が難しいのであれば地域など、何らかの環の中で心身が満たされる食事の時間を過ごせるような取り組みがさらに充実し、広く認識される必要があると思われます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More