食育の現状と課題~平成29年度食育白書から③~

約 1 分
食育の現状と課題~平成29年度食育白書から③~

地域とのつながりによる共食の機会を増やす取り組みの1つとして「子供食堂」というコミュニティが広がりつつあります。2012年以降、メディアに取り上げられることも多く、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。子供食堂は大人から子供まで誰でも利用できる場合が多いのですが、基本的には家庭の事情で孤食をせざるを得ない子供たち、食事ができない子供たちなどが、地域の環の中で仲間とおいしく楽しい食事を食べられる場となり、同時に子供が安全に安心して過ごせる「子供の居場所」という場でもあります。また、一見豊かに見える日本ですが、実際は「子供の貧困率」が先進国の中では高いという問題を抱えています。その問題に一石を投じる取り組みであるともいわれているようですが、まだまだ課題が多いのが現状です。今回も食育白書の内容を踏まえ、地域のつながりによる共食の場としての子供食堂について、現状や課題などをご紹介したいと思います。

子供食堂とは

子供食堂は、地域住民やボランティアなどによる民間の取り組みとして始まりました。主な目的は、様々な事情により家庭で食事をすることが難しい子供や、一緒に食卓を囲む人がいない子供などに無料または安価で栄養のある食事や温かな食卓での団らんの機会を提供することとされています。

子供食堂における食育

食育白書によると、取り組みを通して子供たちへの食育も積極的に実施している子供食堂が多く、実践されている内容は主に以下のような取り組みが挙げられています。
・子供に対し、温かな団らんのある食事の場を提供する
・配膳・下膳などの手伝い
・食材の旬や食事のマナーなどを教える
・健康や郷土料理について話を聞かせる
・調理の体験や農林漁業に関する体験の機会を設ける
など、様々な形で食育の取り組みが行われています。

子供食堂の現状と課題

【現状】
・大きな広がりをみせている子供食堂の取り組みですが、まだ広く国民への認知度が低く、結果として本当に利用してほしい家庭にまで情報が行き届いていないという現状がうかがえます。
・本来、家庭の事情によって心身の満たされる食事ができない家庭を地域の力を合わせて支援するというのが子供食堂の目的ですが、その対象ではない普通の家庭が、安くて健康的な食事を食べられるからといった目的で利用しているケースも多く見られるようです。
・物資や資金、ボランティアなど、安定的・継続的な運営が難しく、厳しい状況の中で運営されている施設も少なくないようです。
【課題】
・地域の力だけではなく、自治体や支援企業などとのつながりを密にし、社会の力でより安定した運営ができるような支援体制づくり
・食事を提供する施設であるため、衛生管理マニュアル等食の安全性の確保
・今後も子供食堂は増えていくと予想されるため、全国の子供食堂間での情報交換が積極的にできるようなネットワークづくり
・地域の人に子供食堂について知ってもらうことで、より地域に根差した活動や支援の環を広げる
など、子供食堂が今後さらに充実した取り組みとして展開していくためには、上に挙げた以外にもたくさんの課題があると思われます。

民間と国が協力して

子供食堂は、地域の力が集まってスタートした食育そして子供の貧困への画期的な取り組みですが、実際のところ民間の力だけでは様々な面において限界があるのも事実だと思います。次世代を担う大切な子供たちの食育の一環として関係省庁をはじめとした国の積極的な参画もなされるようになれば、今後さらに子供食堂の取り組みは充実し食育にとって大変有意義なものになるのではないでしょうか。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More