食育の取り組み【フードロス削減②】

約 1 分
食育の取り組み【フードロス削減②】

第三次食育推進計画において、食育推進にあたる重要課題の1つとして「食品廃棄(フードロス)」が挙げられています。その取り組みとして、国や地方自治体が展開している施策以外にも、民間企業が関わって展開されているフードロス削減活動も広がりつつあります。今回は、民間企業などによる「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」という取り組みについてご紹介していきたいと思います。

フードロス・チャレンジ・プロジェクトとは

ハウス食品グループと特定非営利法人ハンガー・フリー・ワールド、博報堂は、子供たちへの食育とフードロス削減を目的とし、「フードロス・チャレンジ・プロジェクト」を立ち上げました。このプロジェクトでは、フードロスの現状やなぜこのような問題が発生しているのかを子供たちに分かりやすく伝えること、日々の「食」に対する感謝の気持ちを育むことを目的とした食育プログラムを開発しました。

もったいない鬼ごっこ

フードロス・チャレンジ・プロジェクトにより開発された食育プログラム「もったいない鬼ごっこ」は、小学生位の子供たちが、フードロスの問題を学び、体感できる食育ゲームです。サブタイトルが「食べものになって、旅をして、フードロスを学ぼう」というもので、生産から消費までの現場を巡りながら、現場ごとに発生するフードロスを学ぶというプログラムです。概要は次の通りです。
【概要】
・フードロスに関するレクチャーと体を動かすセッション(鬼ごっこ)を繰り返しながら、フードロスについて学ぶ。
・鬼ごっこでは、参加者が「食材」になり、「フードロス鬼」から逃げる。
・単に逃げる、追いかけるというのではなく、食材は「生産」「加工」「流通」「消費」というフードロスの各現場を通過しなければならない。
・現場ごとにレクチャーを実施することで、よりフードロスの現状を理解できるようにする。
・レクチャーで学んだ内容に準じて、ハンデが発生する。
(例:生産の現場…「形の悪い規格外のニンジンは捨てられてしまう可能性が高い」というレクチャーから、その後の鬼ごっこでは形の悪いニンジン役の参加者は「片足けんけんで鬼から逃げなければならない」というハンデを背負って参加する。)
・鬼に捕まらず、無事に消費の現場に到達できればゴールとなる。
・鬼ごっこ終了後、最後に全体で内容を振り返り、学年に応じた方法でまとめをする。
(例:低学年から中学年…子供たち同士での話し合いや感想の発表など、高学年…なぜフードロスは発生するのか、このままフードロスが続いたらどうなるか、フードロスをなくすために自分や家族に何ができるか、もし、自分が総理大臣になったらどんなことができると思うかなど、より深く考えるような問いかけなど)

プログラムは無償で貸し出し

このプログラムは、より活動を広めるため、教育機関や非営利団体などに無償で貸し出しされています。プログラムを実施するには、鬼ごっこが安全にできるようなスペースがあることが前提です。プログラムは約45分(小学校の授業1コマ)で、20~40人(約1クラス)で実施することができます。

特に子供における食育は、楽しく学ぶということが重要なポイントです。この食育プログラムは、身近な問題である割にその認識が低いフードロスの問題について、子供たちが学び、考え、意識するようになることで、将来的なフードロスの改善につながる一助となるものと思われます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More