食育インストラクターとは?資格の内容や活躍の場所は?

約 1 分
食育インストラクターとは?資格の内容や活躍の場所は?

食育について学んできたことを日常生活に活かし、社会で活躍できる食育の指導者の証となるのが食育インストラクターです。

どんな資格なの?

食育関連の資格には珍しく、五段階に分けて認定されます。

一級では「食育全般に関する幅広い知識と各テーマに対する専門知識を持ち、広く伝え、普及活動ができる」とされており、初級のプライマリーでは「通信教育にて食育の3本柱や基礎知識を学び、問題意識を持ち日々の生活に活かすことができる」とされています。

通信教育から始めることができ、自分に合った方法で実践に役立つ食育を学べる資格となっています。

級数があがるにつれて通学などが必要になってくる為、全体的な受講費などがかさんでしまうのがデメリットです。

他の食育に関する資格に比べると普及活動ができるようになることを目的としているため、食育に関する仕事や独立を目指している方におすすめです。

・どんなところで役立つの?

食育全般に関する知識を学ぶため、食と関わりのある人におすすめです。

食に関する仕事に就いている人だけでなく、食を通して健康を考えたいという人や、食材についての専門知識を学びたい人にもおすすめです。

また、級数があがってくると普及活動なども行うようになってくるので、実際の仕事にもつながってくるでしょう。

・どんな内容なの?

プライマリーでは通信講座のみの受講で資格取得が可能ですが、4級以上になると実技講習などの受講が必要となってきます。

実際に実技などが必要になるので、お料理の勉強も一緒にできますね。

資格取得後は?

食育インストラクターの資格を取得した後は食に関するお仕事に就きたいという人も多いと思います。
ですが、現状まだまだ食育が普及できていないのも現実で直接的なお仕事に就くのは難しいと言われています。

直接食には関係なくても知識が役立つお仕事に就くのもいいかもしれませんね。

・介護関係 

介護関係の会社にはまだまだ食育に関する知識を持った人が少ないのが現状です。

面接などの時に食育に関する資格を持っているとプラスになるかもしれません。

・料理教室 

食育インストラクターでは料理の実技などもあるので、実際に料理教室で働くのも夢ではありません。

アシスタントや料理教室の運営会社などへの就職にも有利になるでしょう。

・学校関係  

特に保育園や幼稚園では食育に関する資格を持っていると有利になることがあります。

保育士や教諭関係の資格を持っている場合に活躍することも可能でしょう。

・美容関係 

女性にとっては大切な美容。

身体の中から美しくなるためにも食育はとても大切なことです。

そういった意味で、美容関係の会社やエステティシャン、自宅サロンなどの仕事につながる可能性が高いでしょう。

まとめ

今の日本では子供たちの偏食、肥満、味覚障害、痩せすぎなど食に関するさまざまな問題を抱えています。

キレやすい、犯罪をおこす子供たちが増えてきたことの一つの原因としても食生活の乱れが言われています。

今後、さまざまなジャンル、さまざまな職種で食育が必要になってくるでしょう。

また、子供がいる方、妊娠中の方、これから子供ができる方たちにはぜひ食育の面からも子育てについて考えてみてほしいと思います。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More