毎日の食事に取り入れたいたまごの栄養とは?豆知識から簡単レシピまで!

約 1 分
毎日の食事に取り入れたいたまごの栄養とは?豆知識から簡単レシピまで!

朝食から夕食まで、普段の食事で身近な存在のたまご。
でも、たまごにはどんな栄養がある?赤玉と白玉、MサイズやLサイズに違いはある?などなど、意外と知らないことも多いのではないでしょうか?
そこで今回は、たまごの栄養から、知っておくと役立つ豆知識、簡単レシピまで詳しくご紹介しましょう。

1. たまごの栄養とは?

たまごの栄養は何といってもまずたんぱく質。
たんぱく質を構成するアミノ酸の中でも、体に必要不可欠でありながら、食事から摂取しなくてはならないアミノ酸のことを必須アミノ酸と呼びますが、たまごにはこれらがバランスよく含まれています。
また、たまごに含まれる必須アミノ酸であるメチオニンには、体内の老廃物を排出する働きもあります。
さらに、潤いのあるお肌をつくるのに欠かせない、コラーゲンの主原料はアミノ酸ですから、美肌のためにも効果的です。
そして、たまごに含まれるビタミンA、B6、Eには、老化の原因になる活性酸素を抑制するという効果もありますから、美容や健康に嬉しい効果ばかりです。

たまごには、生活習慣病の予防や改善を手助けしてくれる効果もあります。
例えば、血圧を下げたり、中性脂肪の量を調節して内臓脂肪を抑えるといった効果があり、高血圧や高コレステロール血症、脂肪肝などの予防や改善につながります。
また、たまごに含まれるレシチンには、コリンという脳を活性化させる脂質成分があり、脳組織の老化を予防する効果があることから、記憶力や学習能力の向上、アルツハイマー病の予防などにも効果があります。

2. たまごの豆知識

たまごにはS〜LLまでサイズがあり、よく目にするM玉とL玉では、やはり大きい方が量も多くてお得なの?と疑問に思うことはありませんか?
実は、たまごのサイズは変わっても、黄身の大きさはほとんど変わらないため、変わるのは卵白の量ということになります。
そのため、卵白をたくさん使いたいメレンゲや茶碗蒸しなどには大きめサイズ、黄身をメインにした目玉焼きなどには小さめサイズのたまごを使う、といった使い分けがおすすめです。
一方、スーパーで見かける白いたまご(白玉)と茶色のたまご(赤玉)では、一般的に、赤玉の方が割高で売られることが多いので、何となく白玉より高級なのかと思ってはいませんか?
実は、白玉は白いニワトリが生んだたまご、赤玉は茶色のニワトリが生んだたまご、といったように、たまごの色はニワトリの品種などによる違いであり、餌の条件が同じであれば、たまごの味や栄養価に違いは見られないといいます。
ただ、茶色のニワトリは白いニワトリよりたくさん餌を食べるわりに、生むたまごの数が少ない、といったことから価格に違いが出るのだとか!
そのため、単純にたまごの色だけで、たまごの品質を判断することはできないというわけなのです。

3. たまごを使った簡単レシピ

〜スペイン風オムレツ〜
◯材料(1〜2人分)
・たまご 2個
・じゃがいも 2個
・玉ねぎ 1/3個
☆調味料
・コンソメ(顆粒) 小さじ2/3
・塩 小さじ2/3
・こしょう 少々
・オリーブオイル 適量
⑴ じゃがいもと玉ねぎは1cm角に切る
⑵ ボウルにたまごと調味料を入れ混ぜ合わせておく
⑶ オリーブオイルをひいたフライパンでじゃがいもと玉ねぎを弱火〜中火で炒める
⑷ フライパンに⑵を入れ、ふたをして蒸し焼きにする
⑸ 表面のたまごに火が通ったら、お皿にひっくり返してのせ、完成!

4. 最後に

ちなみに、買ってきたたまごは、できればパックのまま、たまごのとがったほうが下向きになるようにして冷蔵庫で保存するのが正解です。
ぜひ簡単レシピも参考に、栄養がぎゅっとつまったたまごを使ったメニューを食卓に取り入れてみてくださいね!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More