トマトジュースの美容と健康効果とは?料理にも使える!すぐ取り入れたい簡単レシピまで!

約 1 分

トマトの栄養価の高さについては知っている方も多いことでしょう。
しかし、トマトジュースなら、トマトに含まれる栄養成分、リコピンをより効率よく摂ることができるのは知っていますか?
また、トマトジュースは、飲み物として飲むだけでなく、トマトの代わりに料理に使うのもおすすめ!
そこで今回は、トマトジュースの美容や健康に良い効果から、トマトジュースを使った簡単レシピまで、詳しくご紹介しましょう。

1. トマトジュースは効率がいい!

トマトジュースの原料であるトマトの栄養成分といえばリコピン。
もちろん、トマトジュースにもこのリコピンが豊富に含まれますが、その含有量はトマト以上と言われるほど、豊富に含まれているのがポイントです。
トマトジュースの原料には完熟したトマトが使われますが、実はリコピンは完熟したトマトに多く含まれています。
そのため、完熟トマトの豊富なリコピンを、たっぷりと摂ることができるトマトジュースは、大変効率のいい飲み物といえるのです。
また、トマジュースは、トマトを皮ごと濃縮してつくられますが、トマトの皮の部分にあるケルセチンという成分には、血流を良くしたり、老化を抑える効果がありますから、こういった成分も余すことなく摂ることができます。

2. トマトジュースの効果とは?

前述したトマトの栄養成分、リコピンには、体に脂肪がたまるのを予防する効果のほか、その優れた抗酸化作用が美肌づくりにも効果的で、お肌のコラーゲンを増やすことでハリや弾力を保ち、シワを予防する効果や、シミやそばかすの原因になるメラニンの生成を抑えてこれらを予防する効果があります。
また、トマトジュースには、こういった美肌効果をもつビタミンCも豊富ですが、このビタミンCには、リコピンと同様、優れた抗酸化作用もありますから、アンチエイジングにも効果的です。
さらに、体にたまった不要な水分の排出を促すカリウムのむくみ解消効果、食物繊維のペクチンによる便秘解消効果、それによって肌荒れを改善する効果もありますから、トマジュースは美容に効く成分がぎゅっとつまった飲み物なのです。

3. トマトジュースを使った簡単レシピ

ここでは、なめらかに仕上がるトマトジュースを使ったレシピをご紹介しましょう。
〜トマトジュースのミネストローネ〜
◯材料(2人分)
・玉ねぎ 1/2個
・じゃがいも 1個
・セロリ 1/2本
・キャベツ 1/8個
・オリーブオイル 大さじ1/2
・コンソメ(顆粒) 小さじ1/2
・トマトジュース 200ml
・水 300ml
・塩こしょう 適量
・粉チーズ 適量
⑴ 玉ねぎ、じゃがいも、セロリ、キャベツは1cm角を目安にカットしておく
⑵ 鍋にオリーブオイルを熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒め、セロリ、じゃがいも、キャベツを順に加えて炒める
⑶ ⑵に水を加え、沸騰したらコンソメを加えて煮込む
⑷ 野菜に火が通ったら、トマトジュースを加え、再び沸騰したら弱火にして10〜15分煮込む
⑸ 塩こしょうで味を調えたら、お皿に盛り付け、粉チーズをふりかけたら完成!

4. 最後に

トマトジュースの1日の摂取量の目安は、200mlです。
もちろん、そのまま飲むのも良いですが、ご紹介したようにトマトの代わりに料理に使うのもおすすめですし、トマトジュースとオリーブオイルは相性が良く、一緒に摂ることでリコピンの吸収率を上げる効果もあるのだとか!
ぜひレシピも参考に、トマトジュースを料理にも活用してみてくださいね!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More