米粉でお米の新しい味わい方を発見!取り入れたい活用術から簡単レシピまで!

約 1 分

最近、小麦粉の代わりにも使える、お米の新しい食べ方として注目されている米粉。
米粉といえば、上新粉や白玉粉を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、最近では、特殊製法の技術が上がり、小麦粉程度まで粒子が細かく、また小麦粉の代わりに料理はもちろん、パンやケーキ、麺類まで幅広く活用できる米粉が登場しています。
そこで今回は、そんな米粉の特徴から使い方、すぐに作れる簡単レシピまで、詳しくご紹介しましょう。

1. 米粉とは?

米粉とは、本来はうるち米やもち米を粉状にした食材の総称で、そんな米粉の一種である上新粉や白玉粉が有名ですが、前述のとおり、最近では製粉技術が発達し、小麦粉のようにお菓子作りにも使える製菓用米粉が登場し、米粉といえばこれを指すことも多くなりました。
米粉は、独特のもちもちとした食感を出したり、お米の自然の甘味があるのが特徴で、本来お米が持つ、良質なたんぱく質や、ビタミンB1、ビタミンEといった栄養も、米粉として粉砕された後も失われずに含まれています。
お米の消費量が減少傾向にあり、食料自給率が心配されている今、米粉はお米の新たな魅力としても注目されているのです。

2. 米粉の活用術!

米粉は、くせのない味わいで、どんな食材や調味料にも合わせやすいため、料理からお菓子まで、幅広く使うことができます。
例えば、米粉は小麦粉に比べて油の吸収率が低いため、天ぷらの揚げ衣といった揚げ物に使うと、あっさりと軽い仕上がりになり、時間をおいても油っぽくなりにくいので、よりヘルシーに揚げ物を楽しむことができます。
そのほか、米粉は粒子が細かく、サラサラでダマになりにくいため、ホワイトソースに使ったり、水分とよくなじむため、スープやあんにとろみをつけたりするのに使うのもおすすめ。
また、水分を吸収しやすいという特徴を生かし、パンや麺類の生地に使うと、しっとり、もちもちな仕上がりになります。
和菓子に使われるイメージの強い米粉ですが、クッキーに使うとさっくりとした仕上がりになるなど、洋菓子にも幅広く使うことができ、しっとりとしたなめらかな仕上がりを楽しむことができますし、粉ふるいも不要で使えます。
さらに、小麦粉は、水分と混ぜ合わせるときに、粘り気のあるグルテンが生まれるため、混ぜすぎに注意しなければならないのに対し、米粉はグルテンフリーなのでその心配もありませんし、このおかげであっさりとした仕上がりになるというわけなのです。

3. 米粉を使った簡単レシピ

~鮭のクリームグラタン~
〇材料(1人分)
・生鮭   1切れ
・玉ねぎ 1/4個
・しめじ 50g
・小松菜 50g
・米粉   大さじ1
・豆乳   150ml
・バター  適量
・ピザ用チーズ 適量
・塩      適量
・こしょう   適量
⑴ 米粉を材料の分量から小さじ1取り、豆乳に溶かしておく
⑵ 鮭は一口大に切り、塩を振って5分ほどおき、汁気を除いたらこしょうで味をつけ、⑴の残りの米粉をまぶしておく
⑶ 玉ねぎは薄切り、小松菜は4cmにそろえて切り、しめじは根元を落として食べやすい大きさにほぐしておく
⑷ フライパンにバターを入れ、中火にして鮭を入れ、両面焼き色をつける
⑸ ⑷のフライパンから一度鮭を取り出しておき、再びバターを入れて、⑶の食材を入れ、塩とこしょうで味付けし、しんなりするまで炒める
⑹ のフライパンに、⑷の取り出しておいた鮭を戻し、⑴の豆乳を加えてとろみがつくまで煮詰めたら、塩とこしょうで味を調える
⑺ 耐熱皿に薄くバターを塗り、⑹を入れてピザ用チーズを載せ、オーブンまたはトースターで、焼き色がつくまで焼いたら完成!

4. 最後に

料理からパン、麺類、お菓子まで幅広く活用できる米粉。
ぜひ、食卓に取り入れて、お米の新しい魅力を発見してみてくださいね!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More