味噌の美容や健康に良い効果は知っていますか?栄養価から簡単美味しいレシピまで!

約 1 分

味噌汁など、日本の食卓にはなじみが深く、和食に欠かせない調味料である味噌。
実は、味噌には、調味料として味を付ける以外にも、美容や健康に効く働きがたくさんあるのは知っていますか?
特に、脂肪燃焼やデトックス、便秘解消の効果などは、ダイエット中の方や、ダイエットが気になっているという方にもおすすめ!
そこで今回は、味噌の美容や健康に良い効果から、味噌を使って手軽に作れる簡単レシピまで詳しくご紹介しましょう。

1. 味噌の美容効果

味噌の原料は大豆ですから、味噌には大豆由来の栄養成分が含まれ、様々な美容効果が期待できます。
例えば、味噌に含まれる大豆ペプチドには、肝機能の向上や、血液の循環を正常にする効果のほか、体の毒素を排出する効果があり、シミやくすみといったトラブルからお肌を守るという効果もあります。
また、味噌には美容効果が高いリノール酸が豊富に含まれますが、これにはお肌のシミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑え、これらを予防してくれるうえ、保湿や抗炎症といった、美肌に効果的な作用もあります。
さらに、味噌に含まれるビタミンEには、体の細胞の酸化を防ぎ、お肌や髪、筋肉や内臓、血管といった体の老化を予防する抗酸化作用もあり、アンチエイジング効果も得られますから、味噌は美肌づくりに効果的な食品なのです。

2. 味噌のデトックス効果

味噌は大豆を発酵させて作られる発酵食品のため、大豆サポニンや乳酸菌といった、腸内の悪玉コレステロールを減らし、たまったガスや毒素を排出させ、腸内環境をきれいにしてくれるデトックス効果があります。
腸内がきれいになると、消化吸収の働きが良くなり、便秘の解消や、脂肪が過剰に吸収されるのを防ぐことができるのです。
また、大豆由来の味噌には、体内で水分に溶けてゲル状になることで、便を柔らかくする効果のある水溶性食物繊維と、体内で膨らみ、腸内に刺激を与えることで便意を促す効果のある不溶性食物繊維の2種類も含まれますから、これらも
便秘の解消に役立ってくれます。

3. 味噌はダイエットの味方!

味噌には、食後の血糖値の急上昇を防ぎ、緩やかにするという効果もあります。
血糖値とは、血液中の糖分濃度のことですが、これが急激に上昇してしまうと、体はこれを下げるためにインスリンを分泌し、その結果、血液中の糖分を脂肪として体に蓄え、肥満を招いてしまうのです。
そのため、食後の血糖値の急上昇を防ぐことは、肥満予防に効果的で、脂肪の燃焼が妨げられてしまうのを防いでくれます。
また、赤みその色素であるメラノイジンという成分は、この血糖値の急上昇を抑える効果のある成分でもあり、糖分の吸収の速度を落とし、ゆっくりと吸収させることで、食後の血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。
そのほか、味噌には、脂肪の分解や排出を促すレシチンや、脂肪の吸収を抑えるサポニン、脂肪の燃焼効果があるロイシンやイソロイシンといったアミノ酸、ビタミンB群も含まれていますし、前述した大豆ペプチドには、脂肪の燃焼に必要な筋肉をつくり、脂肪を効率よく燃焼する体へと導く効果も期待できます。
ですから、味噌は脂肪燃焼に効果的な成分がぎゅぎゅっと詰まっている食品でもあるというわけなのです。
さらに、前述した味噌に豊富に含まれるビタミンEには、血管を拡げて血液を流れやすくし、血行を促進して体温を上げる効果もあり、体温が上がれば、脂肪やカロリーを消費しやすくなりますから、これも脂肪を燃焼しやすい体づくりに役立ってくれるのです。

4. 味噌を使った簡単レシピ

〜豆腐の味噌田楽〜
◯材料(1人分)
・木綿豆腐 1/2丁
・ごま油 適量
☆調味料
・味噌 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・みりん 大さじ1
・酒 小さじ1
⑴ 木綿豆腐はよく水切りしておく
⑵ 調味料は混ぜ合わせておく
⑶ フライパンにごま油を熱し、木綿豆腐を両面焼く
⑷ 豆腐に火が通ったら、弱火にし、跳ねないように気をつけて⑵の調味料を加え、豆腐とからめたら完成!

5. 最後に

味噌を多く使う味噌汁には、体を温める効果に加え、豊富な具材とほっとする味で満足感を得られやすいという効果もあるのだとか!
体を温めて脂肪を燃焼しやすい体へ導いてくれるだけでなく、食べ過ぎ予防にもなる味噌汁は、やっぱり毎日の食卓に登場させたいメニューです。
そのほか、ご紹介したレシピも参考に、ぜひ様々なメニューに味噌を活用してみてくださいね!

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More