保育園の子どもが喜ぶレシピおやつ編

約 1 分
保育園の子どもが喜ぶレシピおやつ編

子どもにとってのおやつとは

子どもたちが毎日楽しみにしていることのうちの1つが「おやつ」です。保育園に通う子どもたちは、消化機能が発達段階にあるため、1度にたくさんの量を食べることができません。そのため、朝、昼、晩の3食に加えて、おやつが必要になります。子どもの発育はめざましいため、おやつにはタンパク質やカルシウムなどの栄養素や、エネルギーを補う重要な役割があります。

また、おやつは、食育の場としても最適です。子どもと一緒におやつを作ることによって、子どもと食との距離が一気に縮まります。市販のおやつはたくさんありますが、素材に触れながら、おやつ作り体験をさせることは、食育の観点から見ても大切なことです。

ここでは、子どもと一緒に手軽に作れるおやつのレシピを紹介します。毎日のおやつ作りの参考にしてみてはいかがでしょうか。

混ぜるだけの蒸しパン

ボウルに材料を入れて、混ぜるだけで簡単にできる「きな粉蒸しパン」は、家族のカラダに嬉しいレシピ「ソラレピ」の中で紹介されています。

ボウルに卵と砂糖を入れてよく混ぜ、牛乳と油を加えてさらによく混ぜます。そして、ふるいにかけた薄力粉、きな粉、ベーキングパウダーを加えて、混ぜ合わせます。混ぜた材料を、厚手のカップに入れて蒸し器で10分から15分程度蒸し、竹串に生地がつかなければ完成です。所要時間25分で、子どもたちが喜ぶおやつが簡単にできあがります。

大豆イソフラボンや、カルシウムなどを含む「きな粉」をプラスしたことによって、栄養価が高まります。「混ぜる」は、子どもたちが大好きな作業です。力が弱い子は、大人がサポートしてあげると良いでしょう。年長さんには、カップに生地を流し入れる作業を手伝ってもらっても良いですね。

シンプルな材料のプリン

牛乳、卵、砂糖の3つの材料で手軽に作れる「1番簡単プリン」のレシピは、クックパッドに掲載されています。卵と砂糖をよく混ぜてから、牛乳を入れて、さらに混ぜます。混ぜ合わせた材料は、茶こしを通して器に入れて、弱火で10分、火を止めて10分蒸して、冷蔵庫で冷やせば完成です。シンプルなレシピですが、カラメルが無くても十分美味しい仕上がりです。

「1番簡単プリン」でも、子どもたちがお手伝いしやすい「混ぜる」作業が登場します。余計なものが入らず、材料がシンプルなのも嬉しいですね。子どもたちと一緒に楽しみながら作れるオススメレシピです。

子どもが喜ぶライスグラタン

子どもが大好きな味の「ライスグラタン」は、高槻市のホームページで紹介されています。バターを加えて炊いたご飯に、ベーコンやクリームコーン缶詰、牛乳などを混ぜ合わせたソースをかけ、粉チーズをふりかけ、オーブン(250度)で10分から15分程度、焼いていきます。子どもが大好きなコーン味なので、おやつに喜ばれます。ご飯とパセリを混ぜ合わせる作業や、粉チーズをふりかける作業を子どもたちに手伝ってもらうと良いですね。

高槻市のホームページでは、手軽に作れる「ライスグラタン」以外にも、手作りおやつレシピを多数紹介しています。野菜ジャムを手作りする方法や、素朴で懐かしい味わいの「芋まんじゅう」、短時間でできる「マカロニのきな粉かけ」など、子どもが喜ぶ食育レシピが満載です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

壁面による食育
幼稚園や保育園などで、壁面に画用紙で様々な絵を作り出す壁面ですが、この壁面も食育に繋がっています。 子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。縁や学校では、一日を通して様々な食育の取り組...
簡単・バランス弁当で食育
お弁当の時間、「今日はどんな中身が入っているのかなあ」と大人も子供もふたを開けるのが楽しみなものです。おにぎりやおかずがきっちりときれいにお弁当箱に詰められているお弁当は日本独特の食文化の1つでもあります。そして、お弁当はポイントを知り上手...
食育の研究
私達は食べる事により生命活動を営むことができます。そして、私達の体は食べたものでできています。という事は、古くから行われてきた研究により解明されてきたのですが、今なお食によっての人体の影響は未解明なものも多く、研究中です。 食生活・栄養によ...
行政の食育推進
近年、生活習慣病の増加や重症化、肥満や極度のやせの増加、栄養バランスの乱れ等、食が関連している問題が深刻になっています。この課題をもって、国は食育を推進する為に食育基本法を制定しました。 目次法律による食育推進第三次食育推進基本計画各市町村...
More