食育に関する資格はたくさんある

約 1 分

食育について

食育とは調理法、栄養学、食文化など多方面から食について知ることで、健全な食生活を実現できるよう育成をすることです。近年食生活の乱れや食事のスタイルが問題視され食育という言葉も耳にするようになりました。食育への関心もますます高まってきていますが、現代では、正しいものもあれば間違っている情報も多く出回っています。自分一人の力で食育を学ぼうにも情報の取捨選択すら困難な状況下です。そこで食育にまつわる資格も出てきて、確かな知識を持った者であるという一つの基準にもなっています。資格を取るために勉強をすることで正しい情報の判別のみならず、周りの人へ教えることも実質可能になります。食育に関してアドバイスをすることは独占業務のように資格を持っていないとできないわけではありませんが、アピールになり得ます。そこでいくつか食育に関する資格を紹介していきます。

食育アドバイザー

食育アドバイザーの資格内容は、食育に関する全般的な知識であり幅が広いです。内容が食育に関して全般的と言っても難関の資格ではなく、しっかりと勉強をすれば受かることができるでしょう。具体的には生活習慣病に関する指導や栄養学の基礎知識、正しい食生活をおくるための方法、調理方法まで含まれます。

食育インストラクター

こちらの資格は食育の資格の中でも人気が高く王道と言えるものです。その要因として、食育基本法の制定に携わった者が監修をしているということがあります。そのため知名度も非常に高いです。内容はこちらも食育に関する広い知識が問われています。食材の正しい扱い方やレシピについて、食事のマナーまで含まれていて幅広いです。

食育スペシャリスト

食育スペシャリストは上記の2つと比べるとやや業務寄りの内容になっています。食育に関する知識に加えて、食育をビジネスとして活かす力が問われます。食育のイベントの企画やプレゼンテーション能力などが含まれています。

食育メニュープランナー

食育は食文化や食事方法など色んな視点をもった考え方ですが、バランスの良い食事を摂ることは、人間の生命活動においてやはり基本です。そこで食育メニュープランナーとは、バランスの取れた献立を作ることに重きをおいた資格です。食事の献立と言っても様々な考慮しなくてはならないポイントがあります。バランスとは人それぞれ異なっており、食事を取る人に応じた献立が必要です。それは年齢によって変化することもあれば、その時の体調によっても変化してきます。これら全般の知識を求められています。

食育の資格は入門者でもとっつきやすい傾向

資格や勉強という単語を聞いて毛嫌いしてしまう方もいるかもしれませんが、これらの食育に関する資格はそれほど難易度が高くありません。通信講座を設けている資格も多く、指定の通信講座のカリキュラムを一通りこなした後試験を受けると7割ほどの受験者が合格しています。食育の資格を取ることは実生活にも活かすことができます。自らの食生活はもちろん、家族と共有することや、資格を応用して講師となればもっと多くの人に食育の考え方を広めることができます。目標があれば学ぶモチベーションにもなるため、食育について関心のある方は資格を目指してみても良いかもしれません。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More