食育インストラクターとはどんな資格?

約 1 分

食育インストラクターの概要

その名の通り食育インストラクターとは食育に関するインストラクターのことであり、またその資格のことを指します。食育基本法の制定に基づいて食育の理念に注目が集まり近年の食生活の変化に不安を感じている人も多数出てきたことでその関心が高まっています。食育はその基礎知識を持つことで実生活に活かすことも、社会的に活躍することもできます。その食育の指導者であることを食育インストラクターの資格を持つことで証明できるのです。

食育インストラクターの一般的評判

食育に関する資格は数多く存在します。しかしそれらはもともと古くからあったものではありません。食育基本法の制定および食育推進基本計画の作成によって実際に食育推進運動が開始され、それに伴って食育の専門家への需要が高まることで始まったものが多いです。食育アドバイザーや食育スペシャリストなど多くの人気資格がありますが、その中でも食育資格の定番とも言われているのが食育インストラクターなのです。食育インストラクターはNPO法人食育インストラクター協会が認定している民間の資格であり、特に、服部幸應氏が監修していることがその人気を助長しています。この服部幸應氏は日本でも有数の料理研究家で、食育基本法の制定にも関わっています。そのため初めて食育について学ぼうと考えている方や、指導者になりたいと思っている方がどの資格を取ろうか迷った際に、信頼の面から選ばれやすいのです。

受験の方法

初学者は通信講座を受講し課題をこなすことで合格することができます。特徴的なことは、その通信講座の進み具合に合わせて在宅受験ができるということです。在宅で受けることができるため忙しくてスクールに足を運ぶ時間が取りにくい人でも比較的学びやすい環境を提供してくれています。食育インストラクター養成講座を受講したのち最終課題を受けることになりますが、このとき70点以上を取ることで合格ができます。

5段階あるレベル

この資格のもう一つの特徴にレベル分けされた制度があります。上位のレベルから、「一級」「二級」「三級」「四級」そして入門レベルの「プライマリー」があります。上記した通信講座のみで合格できるレベルはプライマリーになります。このプライマリーおよび一つ上位にある四級は難易度的に容易に取得することができると言われています。しかし四級以上では学校に通学し食育に関する受講をしなくてはなりません。これは食育インストラクターという資格が食育の基礎知識を学ぶだけでなく指導者となることを最終的な目標としているためであり、プロとしての実力が要されるからです。三級以上になってくると食に関するプロに向けた内容となり、より高度な実力が必要になってきます。

食育インストラクターの資格は様々な場面で活躍できる

食育インストラクターの資格を取得することで講師となって食育の講義を開くこともできますし、栄養士や調理師などの資格と合わせた相乗効果も期待できます。当然自分自身の実生活に活かすこともできるようになります。飲食店で働いている人や料理教室でもともと料理を教えていた人でもさらなるスキルアップを図ることもできるのが食育インストラクターの良いところなのです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More