食育インストラクターは仕事にどう活かせられるか

約 1 分
食育インストラクターは仕事にどう活かせられるか

食育の考えかたについて

食育インストラクターとは食育の指導者となる人のことであり、民間の資格でもあります。この食育インストラクターの資格は自らの食に対する活動をよりよいものにすることができるといったことや、その正しい知識を他の人に教えてあげること、そしてその能力の証明にもなります。その資格を仕事として利用しようと考えたとき、どのように活かすことができるのでしょうか。食育の考え方から見ていきましょう。そもそも食育とは国民が健全な食生活を実現できるように、食に関する様々な知識を持った人を育成することを目的としています。この、様々な知識とは調理に関することや、バランスの良い食事についての知識、伝統的な食文化のことなど多岐にわたります。

食育に関連のある仕事

食育の考え方自体が、食の全般的な知識を求めていることから、関連する仕事も多く存在しています。例えば最もイメージしやすいものに料理人があります。料理人は食材を人が食べられるよう調理という方法で加工をします。そして料理人と言ってもかなり幅が広く、いろんなタイプの料理人がいます。和洋中というように大きな食のジャンルで分けただけでもそれぞれに特色があり、調理の仕方が変わってくるのです。さらにパティシエなどはまた雰囲気が変わってきます。他には栄養士も関連が強いです。こちらは調理に重きを置いているのではなく、料理に含まれる栄養素に着目し、その栄養素を人間が摂取することで人体にどのような影響が及ぼされるのか考えるのです。そして人間が健康な体を維持するためにはどのようなバランスで食材を選択すると良いのかといったことを考えていきます。

どう活かす?

このような食に関係する仕事はたくさんあります。では食育インストラクターの資格を取るとどのような仕事ができるのでしょうか。まず、食育インストラクターはそもそも食育のための指導者を認定するという目的があるため、講師として人にレクチャーする仕事が挙げられます。これが本来のあるべき姿とも言えます。食育の講習会や勉強会を開き、食育のプロとして正しい知識を皆さんに提供するのです。しかし指導者として働くことしかできないということではありません。食育に関して身に着けた知識は、特に食に関連する仕事であれば応用することで、他の資格や技術との相乗効果も得られるのです。食育インストラクターの資格を取得した後で料理人として働く場合にも、料理にだけ特化しているより、食に関わる全般的な知識を持っていると新しい視点でものが見えてきます。そうなることでよりよいものを提供することが出来る可能性もメリットとして考えられます。このように、職人のようなある一点のスキルに特化した状態より応用が利くようになります。

食育インストラクターの活躍の場は広い

インストラクターとして食育を推進していく場合、現在様々な活動が行われているため、活躍できる場は多いです。学校や保育所をはじめとした子供たちへの食育の推進は力を入れて活動がされています。そのほか企業や地方公共団体などと連携した食育推進も盛んで、食育インストラクターの資格を持っていればこのような場で活躍することができます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育推進基本計画とは
私達は、生きる為に食事をし、栄養を摂り、命を繋いできました。しかし近年、食の外部化や多様化、脂質や糖質の過剰摂取や野菜不足が深刻になっています。 日々の忙しい生活の中で食の大切さに対する意識が希薄になり、健全な食生活が失われつつあります。 ...
子どもと遊びを通じて食育する
目次遊びで食育する子供に伝えたい習慣・「食事」とは何か食べるということを考える食べることは命をいただくということ遊びの時間を見直そう 遊びで食育する 食育というと食事に関心が向きがちですが、子供にとって食べること・遊ぶことは生活そのものです...
地産地消で食文化を守る食育
目次地産地消とは何か地元特産品の見直し子どもたちに伝えよう!郷土料理食品の鮮度・産地・旬を知る 地産地消とは何か 地産地消とは、地元で生産されたものを地元で消費するということです。食育として子供たちに地元で収穫される農作物や農業に関心を持ち...
食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
More