食育インストラクターの合格率は?

約 1 分

食育の指導者が必要とされている

ここ数十年の目まぐるしい経済発展やグローバル化していく社会に伴って変化していく食生活を危惧し食育の考え方が広く普及することとなりました。健全な心身をはぐくむための正しい食の知識を教育することが食育の基本的な考え方です。しかし社会の変化は私たちを膨大な情報量に晒すこととなりました。情報に触れる機会は存分に与えられることとなりましたが、正しい知識の吸収と情報の整理が難しいというのも現状としてあります。そのため正しい知識を得るためには良き指導者を必要とし、その需要が高まってきています。

食育インストラクターについて

このような社会全体の変化を背景に食育の正しい指導のできる人が求められることとなりましたが、何をもって良き指導者とするのでしょうか。食育とは単に調理ができることや栄養学の知識の応用という話ではありません。食文化を継承していくことや食事マナーに関すること、食事の取り方など、多方面から総合的に見ることのできる必要があります。そのため食育ということに関して特化した資格の取得が最もわかりやすい指標となるのです。様々な食育に関する資格があり、それぞれに特色があります。例えば食育の知識を広く身に着ける基礎的な資格から、フードコーディネートに焦点を当てた資格など多種多様です。そして指導者として認定される資格は「食育インストラクター」という資格が有名です。この資格は食育に関する広い知識の習得に加えて指導者としての力を身に着けている必要があります。

合格率はどのくらい?

基礎から学ぼうと考えている人がインストラクターを目指す資格と聞くと難易度が高いものと思ってしまうかもしれませんが、実際は入門者にも受けやすい資格になっています。初心者でも気軽に始められるように食育インストラクターではレベル分けがされています。もっとも初心者向けのレベルである「プライマリー」から始まり4級から1級まで、全部で5段階も分かれています。そして気になるのはその合格率です。残念ながら公式に合格率は発表されていません。しかしプライマリーは通信講座を受講し課題で70点以上取れば合格と公表されており、しっかりと講座を受ければ受かる資格と言われています。そもそもプライマリーは初心者に向けて作られた階級であり一般的には簡単なものとされています。なお、4級に関しても比較的容易に取得が可能と言われていますが、上位の、特に1級まで到達するにはかなりの努力が必要です。

インストラクターとしての力を上げていける資格

食育インストラクターでは指導者として一人前になることが出来るようプログラムされています。具体的にはレベルに合わせた階級が用意されていて、段階を追って学習していくことが出来ます。そのおかげで初心者の人でもとっつきやすく食育を学ぶ機会を広く提供することができています。食育のインストラクターとして認定を受けることは食育を学ぶ今後のモチベーションにも繋がります。食育に関心のある方や生活に役立てたいと考えている方、そして周りの人にも教えてあげたいと思っている方は、まず合格率も高いプライマリーなどの階級から受験をしてみてはいかがでしょうか。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
食育基本法
近年、「食育」という言葉が様々なメディアで取り上げられるようになりました。 食育とは、様々な経験を通じて「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する人間を育てる事です。 「食」で「育む」と書いて食育。食育により、体と心を育みます。 &...
三大栄養素でバランスが整う食育
目次栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分三大栄養素とは何か炭水化物タンパク質脂質三大栄養素を上手に取り込もう 栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分 私たちは食事により呼吸、体温の保持、体を動かすなどの生命維持を行います。子供はさらに...
More