食育インストラクターを取得する方法とメリット

約 1 分

食育インストラクターとは

食育インストラクターは、NPO日本食育インストラクター協会が認定している、食育について専門的な知識を有している証明となる資格です。

食育インストラクターは、食育についての理解度や実践レベルによって5段階に分けられており、2級は、1級に続いて上から2番目に位置づけられている上位資格となっています。

取得方法

食育インストラクター2級を取得する方法は3つあります。

1つ目は、食育インストラクター3級を取得し、推進校に通学する方法です。推進校での調理実習受講(40単位)、2級資格認定研修会受講(12単位)又は協会認定食育授業受講(12単位)、食育筆記試験(60点以上合格)の3つを満たすことで取得できます。ただし、一般社団法人 全国料理学校協会「准教師(助教員)」以上取得者は、調理実習(40単位)が免除されます。

2つ目は、食育インストラクター3級を取得し、推進校には通わずに資格取得を目指す方法です。推進校に通学しない場合は、食育筆記試験(60点以上合格)が課せられ、2級資格認定研修会受講(12単位)、調理実技筆記試験(80点以上合格)の3つを満たすことで取得可能です。

3つ目は、食育に関する国家資格取得者が、食育インストラクタープライマリーを取得している場合です。食育に関する国家資格等取得者とは、管理栄養士、栄養士、専門調理師、調理技能士、調理師、家庭科教諭、医師、看護師、保育士、歯科衛生士、薬剤師などの資格を保有している人のことを指します。短大や大学の食物科や栄養科等卒業者又は卒業見込み者、食育に関する国・地方公共団体からの特別業務就業者なども含まれます。食育に関する国家資格等取得者が食育インストラクタープライマリーを保有している場合は、2級資格認定研修会受講(12単位)と食育筆記試験(60点以上合格)の2つを満たすことで、食育インストラクター2級を取得することができます。

取得するための研修会の内容とその費用

食育インストラクター2級を取得するための研修会では、食の安心・安全、健康増進、食の伝承、食の形態、食の環境、食育活動、食育総論など、食について幅広い知識を学ぶことができます。

研修会の費用は、NPO協会会員と非会員の場合で異なります。NPO協会会員の場合の受講料は10,000円、受講料(食育)は5,250円、受講料(調理)は5,250円、非会員の場合の受講料は20,000円、受講料(食育)は5,250円、受講料(調理)は5,250円となっています。

知識の証明になる

食育インストラクター2級は、食育に関する幅広い知識を有し、基本的な知識を分かりやすく伝えることができる証明となります。学校や幼稚園、福祉施設、食品メーカーなどで食育指導を行うなど、食育インストラクターとして活躍の幅を広げることができます。

生活に役立つ

食育インストラクター2級を取得するためには、生活習慣病の予防、アレルギー、ダイエット、介護食、乳幼児・成長期の食事、栄養素と栄養バランスなど、食に関する幅広い知識が必要です。この学びは、毎日の食生活にすぐに役に立つ内容であり、家族や自分の健康維持や豊かな食生活の実現につながります。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育で実践!偏食予防しよう!
目次偏食好きなものばかり食べる(ばっかり食べ)嫌いなものを食べない偏食対策偏食を予防するための食育実践方法 偏食 偏食とは好きなものばかり食べる、嫌いなものは食べない等の理由により食べる食品に偏りがうまれ、健康上の問題が生じることをいいます...
食育基本法
近年、「食育」という言葉が様々なメディアで取り上げられるようになりました。 食育とは、様々な経験を通じて「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践する人間を育てる事です。 「食」で「育む」と書いて食育。食育により、体と心を育みます。 &...
三大栄養素でバランスが整う食育
目次栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分三大栄養素とは何か炭水化物タンパク質脂質三大栄養素を上手に取り込もう 栄養は体の生理的現象、栄養素は食物の成分 私たちは食事により呼吸、体温の保持、体を動かすなどの生命維持を行います。子供はさらに...
More