食育アドバイザーの試験内容

約 1 分

食育アドバイザーとは

食育アドバイザーは、食に関する幅広い知識を持つことで食育の指導をする能力があると認定された人のことを指します。食育とは食を通して健全な心身の成長と人間性を豊かなものにするという考え方による教育で、近年ますますその考え方は重要になってきています。食生活について見直すことなく、社会の変化にそのまま流されていくと人々の食環境はどんどん悪化していく傾向にあります。常にどの時代にも食への正しい知識を持った人が指導し、あるべき食生活を周知させていくことが大切なのです。悪い方向へ流れてしまう原因は経済発展や技術力の向上で便利なものが世に流通していくことですが、それだけでは必ずしも食環境が悪化するとは限りません。便利になることは悪いことではないからです。しかしさらなる経済発展を目指したビジネス志向が蔓延すると人間の健康を度外視したサービスも出てきます。そして消費者も健康や食というものに関心が薄くなっていることで、気にせず食生活の乱れを生み出していくのです。そしてその悪循環を止めるため食育基本法が制定され、食育というものの考え方が広がり、メディアでもとりあげられるようになりました。このような様々な運動によって人々の意識も徐々に改善されていき、食に気を遣う者も増えました。経済的影響も出てくることとなり、健康志向の商品などもどんどん出てきています。こうして食育のための情報も多く発信されていますが、これらを総括して、人に指導することができると認められた、食育アドバイザーのような指導者が必要とされるようになりました。

試験内容

食育アドバイザーは食をとりまくある特定の分野に特化したようなものではありません。広く知識を持ち、視野を広く持つことが食育の考え方には必要なのです。食育には調理や栄養バランスに加えて地域性を持った食環境や食文化について、そしてマナー等も含まれているからです。食は人間にとって欠かすことができず、生きていくうえで必ず関わり合いをもつことになります。そのため食育アドバイザーの試験で問われる内容も実生活において関係性のあるものが多く身近に考えることのできる問題が多いです。例えばダイエットの方法として適切ではないものを選ぶ問題、調理においてやってはいけない行動、ある特定の場面において適切なテーブルマナーを選ぶ問題など関心を持って取り組みやすい内容が多いです。正式に発表されている内容は「食育の基礎知識」「食品の安全性についての基礎知識」「食育活動について」といった表記でとても抽象的です。しかしこの資格を取るにあたって指定の講座を受ける必要があり、その講座で詳しく学んでいくことができるようになっています。

食育アドバイザーの試験を通してできること

食育アドバイザーを取得するために勉強をし、履修をすることで幅広い知識の習得ができます。これによって多彩な活かし方が期待できます。食に関して敏感になるのは子供への食事内容です。料理するにあたり考慮しなくてはいけないポイントがいくつもあります。成長のための栄養がしっかりとれているかどうか、そして食べ方の指導、最終的には食への関心を持ってもらい食育の理念を知ってもらうことまで実行できる力をつけられます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More