食育インストラクターの求人状況

約 1 分

食育インストラクターについて

ここでの「食育インストラクター」とは資格の名称のことを指し、一般的なインストラクターのことを表しているものではありません。しかし食育インストラクターの資格の内容は、意味としてはほぼ同義です。近年の食育推進運動の活発化によって全国的に食育への関心が高まったことに際し、資格も広く知られるようになり、受験者数も増えている資格です。食育の理念や、食に関係する全般的な知識を試験では問われ、それに加えてインストラクターとして指導能力も合格には必要になってきます。食育への関心の高まりは人々の勉強意欲を向上させることにもなりましたが、まったく予備知識のない状態では学び方がわからないこともあります。情報に溢れている現代において、正しい学習方法をガイドする役目は重要となり、そして求められています。また、この食育インストラクターの資格の特徴として講座の存在と、階級があるという点があります。まず、講座については受験するにあたって必須となり、受験資格と勉強法の二つの意味を持っています。講座と言っても多様な生活環境に対応し受けやすいよう配慮がされていて、受験に関しても自宅受験が認められています。そして、階級についてはそのまま難易度が反映されているシステムとなっていて、初心者でも受けやすい「プライマリー」という階級から、より高度な知識と技能をもった人に対応した「1級」まであります。このようにして食育インストラクターでは初心者からプロまでが食育に携わることのできるよう工夫がなされているのです。

求人はあるのか

資格といえばやはり取得したのちに仕事として活用することが出来るのか否か、そして食育インストラクターに向けた求人があるのかというポイントが気になります。現状はどうなっているのでしょうか。実は食育に関する知識を持った人は全国的に求められてはいるものの、正式に求人という形で食育インストラクターの採用が行われているところはほとんどありません。これには食育の活動に関してまだ歴史が浅く、ビジネスとしての認知度が低いことが原因となっています。しかし、食育インストラクター一点に特化した求人はないものの、その知識が多くの場で求められているのは確かです。そのため現状としては食に関する仕事場において付加価値として有効的な資格であるということです。例えば保育士や栄養士、調理師などでは食に接する機会が他の職よりも圧倒的に多く、より深い知識を持った人であることが望ましいです。そのため就職活動の際食育インストラクターを持っていることが一つのアピールになり得ます。こうした活用法ではなく、食育インストラクターそのもので働くことができないのかと問われると、そうではありません。実力やビジネススキルがあればまさに食育のインストラクターとして働くことができます。従業員として働くのではなく、インストラクターとして独立し自ら発信していくことなどが考えられます。現在ではインターネットを使った情報発信なども可能なため活躍の場は広げやすいです。そしてその場合、できるだけ1級や2級といった高度な階級であるほどアピールとなり仕事を受けやすくなるでしょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
朝ごはん
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を子供たちに伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉な...
食育の力で食の安全を見極める!②
毎日の食生活と切っても切り離せない食の安全については、食品添加物や食品表示の他にも野菜や果物の残留農薬の問題や、東日本大震災以降懸念されている放射性物質の問題なども挙げられます。今回はこれらの問題の実情を知ることで、安心・安全な食を選ぶには...
More