食育の資格と管理栄養士との比較

約 1 分

管理栄養士について

管理栄養士とは、そもそも栄養士であることを前提とした人が対象の受験で認定される資格です。まず栄養士になるには栄養学について学ぶことのできる学校を卒業しなくてはなりません。様々な資格がある中でもこのタイプの受験資格はハードルが高く、将来を見据えた進学計画を立てなくてはなりません。時間的にも数年間基本的に平日が拘束され、社会人が新たに資格に向けて頑張るのは難しいです。学校によって違いますが学費も多くかかってきて金銭的にも余裕がないと通うことはできません。そして座学や技能、研修等を終えて卒業までたどり着くことでようやく受験することが許されます。内容的にも栄養士はその分専門的なものが多く医学や化学の知識との関連もあります。管理栄養士の場合こうして栄養士に合格したのち数年間実務経験を積む必要があります。この実務経験と栄養士の資格を受験資格として挑みます。内容はより高度なものとなり、マネジメント要素も関わってきます。栄養士も管理栄養士も主には栄養バランスを考慮した食事を考えることが仕事でその活躍の場は広いです。食事の必要がない人間は存在しておらず、正しい栄養の知識を持った人への需要は絶えることがないからです。基本的に食にまつわる職場であれば就職への大きな強みとできます。

食育関連の資格

食育は食に関する広い分野を内容としているため、その意味では管理栄養士も関連していると言えます。しかしここではもう少しだけ分野を絞って、より食育の理念に重点を置いた資格について触れていきます。食育スペシャリストや食育インストラクター、そして食育アドバイザーなど、食育関連の資格は多数作られていて、それぞれの特色がアピールされています。近年では食育の推進が図られて、より一般に食育の重要性が説かれています。そのため高度な専門知識を持たない人でも気軽に食育への勉強が取り組める必要があり、そのことによって食育をより広めることに繋がります。資格の数があることは、食への道が多くあるのと同じです。しかし管理栄養士のようにゴールへの道のりが長いことやハードルが高いと、生活に活かしたいと思っているような、別の仕事を持っている人や主婦には現実的には無理があります。そこで食育の資格では難易度はそれほど高くないものがほとんどとなっています。しかし専門性が全くないのでは意味がないので、通信講座を設けることでしっかり知識習得ができるようカリキュラムが作られています。そして資格によっては難易度が階級で分けられており、誰でも食育への関心を持ってもらえるよう最初は入門レベルから始まり、よりプロフェッショナルとして資格を活用したい人用にはさらに難易度の高いレベルが用意されている者もあります。資格内容やレベルを易しいものから難しいものまで広く準備することで多くの人に食育を知ってもらえるようになっているのです。

両者の比較

ではどちらの資格が有効的なのでしょうか。管理栄養士に関しては専門性が非常に高くやはりその有効性は非常に高いです。しかし食育への正しい知識を多くの人に身につけてもらうには食育関連の資格の様に敷居が低いものも重要なのです。またどちらか一方ではなく両方を取得することで相乗効果も期待できるのです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


食育の最近の投稿

食育の資格が取れる!通信講座
食育の学びたい、資格を取りたい場合はどのようにしたらよいのでしょう。 独学で学ぶ方法や、学校に通う方法など、様々あります。 ここでは、食育について学ぶことのできるおすすめの通信講座を紹介します。 目次食育健康アドバイザーW資格取得講座講座内...
食育は笑顔と幸せを作るもの
食育基本法の下に国、自治体、教育機関、そして家庭で積極的な取り組みが推進されている食育ですが、その食育において最も大切なこと、食育の在り方とはどのようなものといえるのでしょうか。 目次理想の押し付けの食育ではいけない対象者の目線に立った食育...
食育の実践【旬を味わう】
日本には春夏秋冬四季折々に旬とよばれるおいしい食材があふれています。旬は単においしいだけではなく、その食材の栄養価が最も高い時期でもあります。しかし、近頃はスーパーに行けば、季節関係なく様々な食材が一年を通して並べられていますね。大人でさえ...
食育基本法
家庭の食卓は、子供たちにとってとても大切な食育の場です。食育基本法には、保護者は家庭における食育に重要な役割を担うという一文が示されています。「重要な役割」とは一体何をすればよいのでしょうか。食育=「食事のしつけをしなくてはならない」という...
More